FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界遺産・ノートルダム大聖堂で大規模な火災

<<   作成日時 : 2019/04/16 19:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

世界遺産にも指定されていパリのノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生。
火災は鎮火したとの事ですが、火事の怖さを思い知る出来事でした。

パリ中心部にある観光名所ノートルダム大聖堂で15日夜(日本時間16日未明)、大規模な火災が発生した。
フランスのBFMテレビの映像によると、建物の上層部から強い勢いの炎が上がり、炎に包まれた尖塔は崩れ落ちた。大聖堂の内部にある貴重な絵画やステンドグラスなどにも大きな被害が出ている模様だ。
原因は不明だが、火災が発生した場所付近では足場を組み修復工事が進められていた。
ノートルダム大聖堂は12世紀に建設が始まったゴシック建築の代表的な建物で、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。日本人を含め世界中から多くの観光客が訪れる。(読売新聞)

このニュースを知ったのは今朝。
ニュースで現地の映像を見ていましたが、どんな美しい世界遺産でも火事になるとあっという間になくなってしまうものだという事を痛感しました。
原因は今でもわかっていませんが、同寺院では改修工事が行われていたとの事。
屋根の上に組まれていた工事用の足場周辺から出火したとみられるとの可能性もあるそうです。

ノートルダム大聖堂の建築を完成するのに、おそらく何十年もかかったかと思います。
それが、壊れる時はあっという間というのもやるせない気持ちです。

日本でも今度の10連休でパリに行こうと思っている人もいるかもしれません。
旅行会社は代わりの観光地を探すような事を言っていますが、今からそんな簡単に探せるとも思えない。
いずれにしても美しい世界遺産を失ってしまうのは、フランスにとっても世界にとっても損失だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世界遺産・ノートルダム大聖堂で大規模な火災 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる