履正社と星稜が初戦で激突

3月23日から甲子園球場で行われる第91回センバツ高校野球大会の組み合わせが決定。
球春到来が近づいてきました。

1回戦の対戦カードは以下の通り。
第1日(23日)
第1試合 呉(広島)-市和歌山(和歌山)
第2試合 高松商(香川)-春日部共栄(埼玉)
第3試合 履正社(大阪)-星稜(石川)

第2日(24日)
第1試合 日章学園(宮崎)-習志野(千葉)
第2試合 明豊(大分)-横浜(神奈川)
第3試合 米子東(鳥取)-札幌大谷(北海道)

第3日(25日)
第1試合 津田学園(三重)-龍谷大平安(京都)
第2試合 盛岡大付(岩手)-石岡一(茨城)
第3試合 山梨学院(山梨)-札幌第一(北海道)

第4日(26日)
第1試合 筑陽学園(福岡)-福知山成美(京都)
第2試合 広陵(広島)-八戸学院光星(青森)
第3試合 富岡西(徳島)-東邦(愛知)

第5日(27日)
第1試合 明石商(兵庫)-国士舘(東京)
第2試合 松山聖陵(愛媛)-大分(大分)
第3試合 啓新(福井)-桐蔭学園(神奈川)

第6日(28日)
第1試合 熊本西(熊本)-智弁和歌山(和歌山)

選手宣誓は広陵の秋山主将が務めます。
昨年は瀬戸内の主将が選手宣誓を務めたので、2年連続で広島の高校から選手宣誓をする事になりますね。

開幕試合は呉vs市和歌山。
呉は前回出場した2年前にも開幕試合を戦っています。
その時は延長戦の末に勝利しましたが、今回はどうなるでしょうか?

そして初戦で最大の好カードといえば、初日の第3試合で激突する履正社vs星稜。
星稜は今秋のドラフト1位候補の呼び声が高い奥川投手が擁し、対する履正社は、昨年に春夏連覇を達成した大阪桐蔭を大阪府大会で倒してのセンバツ出場。
どちらも優勝候補の呼び声が高い高校。
本当に初戦しかも初日で対戦するのは勿体ないカードです。

今年の冬は暖冬という事もあって、大会が始まる前に桜が開花している地域もあるかもしれません。
「春はセンバツから」という言葉があるように、センバツが始まると、本格的な春の訪れを感じます。
大会は来週の土曜日から。
昨年、春連覇に春夏連覇の偉業を達成した大阪桐蔭が出場しない、今年のセンバツ。
果たして今年はどの高校が紫紺の優勝旗を手にするのでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック