映画「グリーンブック」

映画「グリーンブック」を鑑賞しました。

この映画は、黒人ピアニストと彼に雇われた白人の用心棒兼運転手が、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を手に人種差別が残るアメリカ南部を巡る人間ドラマ。

ストーリーは、1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、クラブの改装が終わるまでの間、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手として働くことになる。
シャーリーは人種差別が根強く残る南部への演奏ツアーを計画していて、二人は黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに旅立つ。
出自も性格も違う彼らは衝突を繰り返すが、少しずつ打ち解けていく。

先月のアカデミー賞で作品賞を受賞した作品。
史実を基にした作品という事で、劇場鑑賞する事にしました。

冒頭は主人公のトニー・リップが、勤めている店の用心棒として、客同士のトラブルを収めたりするシーンから始まる。
名前がトニーと聞いて名字はスタークだったら面白いのにと思ったのは、ここだけの話。

そのトニーが勤める店が改装の為に休業となり、しばらく仕事がない状態に。
そんな中で黒人ピアニストの運転手として雇われる事になります。

黒人ピアニストの名は、ドクター・シャーリー。
彼はアメリカ南部への演奏旅行に出る為に、運転手としてトニーを雇い入れるわけですが、当時のアメリカは、まだ黒人への人種差別が色濃い時代。
アメリカ南部なんて奴隷制度を作った土地柄でもありますからね。
そんな場所で演奏旅行に行く勇気には敬意を表したいです。

トニーとシャーリー。
生まれも育ちも正反対な2人は、始めの内は何度も衝突を繰り返しますが、次第にお互いを認めて友情を深めていきます。
特にトニーがケンタッキー・フライドチキンをシャーリーに薦めるシーンは微笑ましかったです。

シャーリーは黒人ではあるが裕福で教養があります。
しかし、シャーリーは、白人達に見せ物にされている事を知っている。
一方で、大多数の黒人からは別世界の人間と思われている。
南部を移動中に過酷な農作業をしている黒人達をトニーと2人で眺め合うシーンが、何とも言い様のない気分になりました。

アメリカ南部での演奏旅行中でも2人は理不尽な目に遭います。
招待されて演奏するにも関わらず、指定されたピアノを用意していなかったり、トイレは別だの控室も別だの。
挙句の果てにはレストランへの入場もお断り。

それ以外にも、やれ黒人の夜中の外出は禁止だの、やれ黒人は購入してから服のサイズ調整しますだの、「何だそれ?」と怒りを感じるシーンの何と多い事か。
しかし、シャーリーはその事を知っていて、あえて南部へ演奏旅行に行く決意をしたわけですね。

長い演奏旅行も終わり、トニーもクリスマスに家族の待つニューヨークへ帰ろうとしますが、その道中に大雪に見舞われ、トニーも長時間運転している影響で眠気に襲われてしまい、クリスマスに帰るのを諦めますが、そのピンチをシャーリーが代わりに運転する。
そのおかげでトニーが無事にニューヨークに帰ってこれたのはベタではありますが、2人の間に真の友情が芽生えた事を実感しました。

タイトルの「グリーンブック」とは黒人が利用可能な施設を記した旅行ガイドブックの事。
そんなものがある事自体、おかしな話しです。

トニーも最初は黒人の使ったコップを捨てたりと黒人への偏見を持っていましたが、長旅から帰ると「ニガー」と呼ぶ友人に対して注意をするなど、黒人への偏見を捨てているのがわかりました。

トニーはシャーリーに対して、家に寄ってくれるように誘いますが、シャーリーは一度は断ります。
しかし、最後のシーンでシャーリーはトニーの家を訪問します。
最後にトニーの妻であるドロレス(リンダ・カーデリーニ)がシャーリーに対して「手紙をありがとう」とお礼を言うシーンで締めくくってくれたのが実に素敵でした。

エンドロールで2人は、その後も友人でい続けた事と、亡くなった年が一緒である事に振れていました。
まさに運命的な2人だったのかもしれませんね。


グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック
ワーナーミュージック・ジャパン
2019-02-27
サントラ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

2019年03月12日 23:47
そしてこの映画のプロデューサーがトニーの息子、次男坊さんというのも感動的ですよね。
さらにオクタヴィア・スペンサーもプロデューサーに名を連ねていることからも、差別への抵抗というよりも人種を越えた友情を描くことに徹したところがステキでした。
2019年03月13日 20:35
 >にゃむばななさん
映画のプロデューサーがトニーの息子さんだったとは知りませんでした・・・。
人種差別のない世の中が当たり前のようになる世の中になってほしいです。

この記事へのトラックバック

  • 「グリーンブック」:良きハリウッド映画の見本   #グリーンブック

    Excerpt: 映画『グリーンブック』は、まさにアカデミー作品賞だという風格と面白さ。笑えて、引 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2019-03-10 22:44
  • 劇場鑑賞「グリーンブック」

    Excerpt: レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201903020000/ グリーン・ブック~オリジナル・サウンドトラック.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2019-03-11 05:56
  • 映画「グリーンブック(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画『グリーンブック(日本語字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら80点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2019-03-11 07:40
  • グリーンブック

    Excerpt: グリーンブック@よみうりホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2019-03-11 07:58
  • 『グリーンブック』 2019年2月14日 一ツ橋ホール

    Excerpt: 『グリーンブック』 を試写会で鑑賞しました。 良い作品だった。主演、助演男優賞も納得の作品。 【ストーリー】  1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテン.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2019-03-11 08:16
  • グリーンブック・・・・・評価額1750円

    Excerpt: 友情のグランドツーリング。 1960年代、カーネギー・ホールに住む天才黒人ピアニストのドクター・シャーリーと、彼の運転手として雇われたイタリア系の強面用心棒、トニー・バレロンガのロードムービー。.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2019-03-12 22:14
  • グリーンブック

    Excerpt: 1962年、アメリカ。 ニューヨークの一流ナイトクラブ「コパカバーナ」で、用心棒を務める白人男性トニー・リップ。 店が一時休業となった時期、彼は黒人男性ピアニスト、ドクター・シャーリーのコンサートツア.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-03-13 01:13
  • 「グリーンブック」

    Excerpt: 心温まる良作。それは間違いない。ただ温まるだけでなく、笑いも痛みも伴って。題名の「グリーンブック」とは、人種差別が公然であった1960年代に、アメリカ本土を旅する黒人向けのガイドブックのこと。そこには.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2019-03-15 12:48
  • 「グリーン・ブック」☆笑って笑って泣く

    Excerpt: 気持ちよく笑えて、気持ちよく泣ける。 差別を扱ってしっかりと問題提起もしている社会派ドラマでありながら、誰もがホッコリする物語に仕上がっている。これぞアカデミー賞作品賞! Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2019-03-18 10:26
  • グリーンブック

    Excerpt: 人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラ.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2019-03-20 21:35