FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「メリー・ポピンズ リターンズ」

<<   作成日時 : 2019/02/07 22:28   >>

トラックバック 8 / コメント 2

映画「メリー・ポピンズ リターンズ」を鑑賞しました。

この映画は、第37回アカデミー賞の5門で受賞した名作「メリー・ポピンズ」のおよそ半世紀ぶりとなる続編。
前作の20年後の大恐慌時代を舞台に、再び現れたメリー・ポピンズが起こす奇跡を描く作品。

ストーリーは、前作から20年後、バンクス一家の長男マイケル(ベン・ウィショー)は家庭を持ち、父や祖父が勤めたロンドンの銀行で働いていたが、大恐慌で経済的に苦しく、妻が他界して家の中は荒れていた。
さらに融資の返済期限が迫り、家を失う危機に追い込まれた家族の前に、「ほぼ完璧な魔法使い」のメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が以前と変わらぬ姿で現れる。

古典的なミュージカル映画の55年ぶり続編。
55年前なんて言ったら、私は生まれていないので、前作も当然の事ながら観ていません。
そういう訳で頭の中から「リターンズ」の文字を外して鑑賞する事にしました。

舞台は大恐慌時代のロンドン。
前作では少年だった(らしい)マイケル・バンクスは父と同じ銀行で働いていた。
子供を3人もうけるが妻が死別し、自宅は銀行に差し押さえられそうになる。
そんな苦境のバンクス家に、かつての教育係であるポピンズが傘を手に空からやってくる。

詳細を書くのはここまでにしますが、ディズニー映画らしく幻想的な映像、ミュージカル調、そして悪役も登場し、主人公たちは苦境に立たされながらも最後はハッピーエンドに終わる。
ストーリーとしては予定調和ながらも存分に楽しめる作品でした。

メリー・ポピンズの作り出す世界は、いわば「夢」そのもの。
子供達が階段の手すりをエスカレーターのように昇ったり、自転車の5人乗りとか、ビッグベンを大勢の男たちがハシゴを使ってよじ登っていくシーンなど、大人も子供の楽しめる内容でしたね。
中でも個人的に受けたのがメリー・ポピンズがビッグベンの時計の針を5分ずらすシーン。
あの男たちの頑張りは何だったのかだの、最初からそれやれよとツッコミを入れた人は多かったかと思います。
そして、そんな夢のような世界をクラシカルな2Dで描いた映像手法も良かったと思います。

ラストで人々が風船を受け取り、空へと舞い上がるシーンも壮観でした。
本当に風船で空を飛べるものなら飛んでみたいです。
そして、この映画を通じて前作はどのような内容だったのか興味が出てきました。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「メリー・ポピンズ リターンズ(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『メリー・ポピンズ リターンズ(日本語字幕版)』(公式)を公開初日の2019年2月1日に、劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(最高5つ星で、3つ)。100点満点なら65点にします。 なお、原作となった児童小説『メリー・ポピンズ』は既読、今作の前作となる1964年の映画『メリー・ポピンズ』も1995年のリバイバル上映時に鑑賞済み。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2019/02/07 23:14
「メリー・ポピンズ リターンズ」:古き良きスタイル   #メリー・ポピンズリターンズ
映画『メリー・ポピンズ リターンズ』は、見事に古典的ディズニー映画。あえて現代に ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2019/02/07 23:19
映画「メリー・ポピンズ リターンズ[IMAX2D・字幕]」感想
こってりしすぎのメリー・ポピンズ ...続きを見る
帰ってきた二次元に愛をこめて☆
2019/02/08 06:26
劇場鑑賞「メリー・ポピンズ リターンズ」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201902010000/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2019/02/08 06:32
メリー・ポピンズ リターンズ
大恐慌時代のイギリス・ロンドン。 妻を亡くしたバンクス家の長男マイケルは、銀行で働きながら3人の子どもたちを育てていた。 家の中は荒れ放題で、更に家を失う窮地に陥ってしまう! そんな時、魔法使いメリー・ポピンズが、風に乗って彼らのもとに舞い降りる。 20年前と同様、バンクス家の子どもたちの世話をしに来たのだった…。 ファンタジー。 ...続きを見る
象のロケット
2019/02/08 09:00
『メリー・ポピンズ リターンズ』('19初鑑賞09・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 2月1日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 10:30の回を鑑賞。2D:字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2019/02/09 13:56
ショートレビュー「メリー・ポピンズ リターンズ・・・・・評価額1650円」
メリーは、今回もMr.バンクスを救いにやって来る。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2019/02/09 16:25
「メリー・ポピンズ リターンズ」
前作オマージュなど健闘はしているが、楽曲で記憶に残るものがないのが痛い。 ...続きを見る
或る日の出来事
2019/02/20 23:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
メリー・ポピンズは基本的に家庭教師のような立場の女性ですからね。
時計の針を動かすのも、ハナから彼女が動いちゃダメなんですよ。どうしても助けが必要な時しか動かないのが彼女の立場ですからね。
にゃむばなな
URL
2019/02/08 23:12
 >にゃむばななさん
こんばんは。
メリー・ポピンズは、家庭教師のような立場の人だったのですね。
確かに自分から進んで動くようなことがしなかったような・・・。
でもディズニー映画らしい夢を感じる作品でした。
FREE TIME
2019/02/09 18:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「メリー・ポピンズ リターンズ」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる