映画「クリード 炎の宿敵」

映画「クリード 炎の宿敵」を鑑賞しました。

この映画は、「ロッキー」シリーズでロッキー・バルボアと激闘を繰り広げたアポロ・クリードの息子を主人公に据えた「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。
父の命を奪ったイワン・ドラゴの息子との戦いを軸に、クリードがさらなる成長を遂げる作品。

ストーリーは、ロッキー(シルヴェスター・スタローン)の指導を受け、ついに世界チャンピオンになったアドニス(マイケル・B・ジョーダン)に、リングで父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)の息子ヴィクター・ドラゴ(フロリアン・ムンテアヌ)が挑戦状をたたきつける。
ロッキーの反対を押し切り、父のリベンジを誓い試合に臨んだアドニスは、ヴィクターの反則行為によって勝利する。
しかしアドニスは、ボクサーとしてその結果に納得できなかった。

往年の名シリーズ(?)であった「ロッキー」シリーズの新作。
ちなみに前作は未見です。(ロッキーの二番煎じっぽかったので)
今回は、かつての因縁の相手が登場。
その作品を小さい頃に観た事もあって、今回は劇場鑑賞してみる事にしました。

ロッキーの指導の下、世界王者になったアドニス。
結婚し、子供も授かって充実した日々を過ごしたいた。
そんな中でロシアのボクサーであるヴィクター・ドラゴから挑戦を受ける事になる。
自分の父を死に追いやった男の息子との対戦という事もあって因縁の対決が実現する。

アドニスにとってもドラゴ親子にとっても避けては通れない戦いとなるわけですが、その戦闘シーンも見応えがありましたね。
アドニスがコーナーに追い詰められ、カメラがその目線に切り替わるシーンは、まるで自分がリングに上がって試合をしているような感覚。
そして、ここぞという場面で流れる「ロッキーのテーマ」。
自分は、あまりボクシングを見る事はありませんが、試合のシーンは、まさに観客になった気分でした。

試合のシーンだけでなく、試合前のトレーニングシーンも見応えありました。
アドニスが、かつてのロッキーと同じように非科学的なトレーニングで己を鍛え上げる。
トレーニングメニューは時代錯誤な感はありましたが、そうでもしなければ勝てない相手だけに余計に気持ちを高ぶらせていったのでしょう。

かつてロッキーに敗れて全てを失ったドラゴ。
己の名誉を回復する為に、息子をかつての自分と同じような冷酷な戦闘マシーンに育て上げた。
何だか自らの目的の為に弟子を戦闘マシーンにさせたロビンマスクと、その恩師に報いようとしたウォーズマンみたいな関係。
そして、長い時間戦うと息切れするところもウォーズマンそっくり。

冗談はここまでとして、ドラゴが試合の最後に選んだ行為が、とても切なかったです。
かつて自分が味わった屈辱を息子も味わってしまうという現実に直面し、父親としての賢明な判断でしたね。

多少、中落ちした部分はありましたが、挫折を経験した男が這い上がるという王道のスポ根ものに、3つの父子のドラマを絡めたストーリー。
3組の父子の中では、やはりドラゴ父子が一番印象深かったです。
この後、クリードとロッキーが再会する事はあるのでしょうか?


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

2019年02月08日 23:10
前作は素晴らしい作品ですよ!
『ロッキー』シリーズを巧く再構築してますから。
その感動を味わったうえでこの作品を見ると、またドラゴ親子の悲哀もより一層味わえましたよ。
2019年02月09日 18:23
 >にゃむばななさん
こんばんは。
前作も素晴らしかったのですね。
それならば上映中に観に行けばよかったです・・・。

この記事へのトラックバック