平成最後の天皇杯制覇!

第98回天皇杯サッカー決勝。
今大会の決勝カードは浦和レッズvsベガルタ仙台。

決勝戦の試合会場は埼玉スタジアム。
準決勝から中3日で、しかも日曜ナイター。
レッズが優勝すれば12大会ぶり7度目。ベガルタが勝てば初優勝。
画像

午前中はさいたま国際マラソンが行われていて、レースの様子をTV観戦。
埼スタ付近のコースでレッズの旗を振ってランナーを応援している姿がありましたね(汗)

16時過ぎに埼スタ到着。
名目が中立地開催という事もあって南広場はいつもと違っていました。
ベガルタのマスコットも見かけたしw

レッズのスタメンは準決勝からマウリシオ選手がベンチからも外れて、代わりに阿部選手がスタメン出場。
他10人は準決勝と変わらず。
画像

画像

試合は開始早々からベガルタの前に守勢に立たされる、不安な立ち上がり。
しかし、次第にペースを掴みだして、前半13分にCKからのこぼれ球を宇賀神選手が豪快なミドルシュートをゴールネットに突き刺してレッズが先制。
前半はレッズが1点リードで折り返し。

後半は1点を追いかけるベガルタの猛攻に守勢に回り続ける苦しい展開が続いてが、GK・西川選手を中心とした堅い守備で虎の子の1点を守り続ける。
AT5分でも最後までリードを守り切って試合終了。

浦和レッズがベガルタ仙台に1-0で勝利して12大会ぶりとなる天皇杯制覇。
同時に来季のACL出場権を獲得し、本戦からの出場が決まりました。
画像

決勝戦はメインアッパーからの観戦。
日中から気温が上がらず寒い中での観戦でしたが、浦和サポーターと仙台サポーターが入り混じっている席での観戦で、なかなか楽しく観戦できました。

立ち上がりから相手にシュートを撃たれまくって大丈夫なのか不安でしたが、宇賀神選手のミドルシュートが決まった瞬間は、その不安も一気に消し飛びました。
そして苦しい戦いの中で迎えた歓喜の瞬間。
日曜ナイターという厳しい戦いでしたが、埼スタまで駆けつけて良かったです。

鹿島時代の5年間で毎年タイトルを獲り続けてきたオリヴェイラ監督。
レッズ就任1年目でもタイトルを獲得できましたね。
準決勝しかり決勝しかり練習をサポーターに公開して選手と共に鼓舞させるとは、なかなかの策士ですね。
画像

そして今季限りで現役を引退する平川選手に新たなタイトルをプレゼント。
ベンチには入っていなかったけど、優勝トロフィーを掲げさせてもらえて、本当に良かったです。

さてレッズが優勝したからと言って喜んでばかりもいられません。
それは多くの選手、サポーターが感じているであろう日程面の不手際。
来年、年明け早々にアジアカップがあるから日程を年内の前倒ししたのはわかる。

しかし、鹿島がACLを制し、準決勝に進出した事によって24日の決勝戦が2週間も早くなった。
しかもリーグ戦終了から中3日で準決勝を戦い、更に中3日で決勝戦。
まさか、日本のチームがCWCに出るなんて思っていなかったなんて事ないよな・・・。

おまけに、今日はさいたま国際マラソンによって埼スタ付近も交通規制が敷かれていた為に18時キックオフ
ここまで次から次へと不手際を繰り返すと、何だかイライラしてきます。
まぁ、ここで愚痴ってもしょうがいないので、ここらで打ち止めにしておきます。

次回大会から新しくなった国立競技場で決勝戦が行われるとの事。
だから埼スタで行われる最後の決勝戦に勝てて良かった。
しかも平成最後の天皇杯王者は記録にも記憶にも残ります。

浦和レッズの皆様、天皇杯優勝おめでとうございます。
来季もタイトルを獲得できるよう、必死にサポートしていきます。



この記事へのコメント

2018年12月10日 00:22
何時もお世話になっております。

改めまして天皇杯12大会ぶり7度目の制覇並びにACL本戦出場権を獲得したおめでとうございます。

3月にはとても考えられないような状況だったと思いますが諦めず戦い続ければ必ず獲得できるとオリヴェイラ監督が選手たちに自信を与え続けた事がこの結果になったと思います。

今季橋岡ら久しぶりに若手の台頭で活性化した浦和は来季世代交代を含めながら新戦力を迎えていく事になると思います。

今シーズン色々お世話になりました。シーズン通して新潟以外のクラブを同時に見続けたのはこれが初めてになりましたが来季より兼任ですが新米浦和サポーターとしてリスタートするに至りました。

来季は浦和レッズを全力でサポートしていきますのでよろしくお願い致します。
2018年12月10日 00:29
 >PGM21さん
お世話になっております。
祝福のコメントをいただき、誠にありがとうございます。
シーズン当初は降格を覚悟してましたが、大槻監督代行とオリヴェイラ監督によって立て直すことが出来て、この2人には本当に感謝です。
来季もよろしくお願いいたします。
2018年12月10日 16:11
こんにちはです。
先ずは天皇杯優勝おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。
準備万端のサポート体制、そして優勝を目指す上で幸先の良い宇賀神のスーパーミドル炸裂と、これで行ける!と思ったのも束の間、全体的には仙台の攻めに耐える忍耐のサッカーになりましたね。しかしこれは鹿島戦でも同様で、そういう戦略のサッカーをしていると割り切っていました。しかしやはり心臓バクバクで、終了の笛とともに緊張感から解き放たれて爆発してしまいました。

リーグ戦序盤の苦しみから考えたら、よくタイトルまで漕ぎ着けたと思います。これも選手の奮起とオリヴェイラの力量でしょう。本当に良かったです。
これで来季ACLも戦えます。そろそろリーグ優勝もしたいところです。来季は期待のシーズンになりそうですね。
2018年12月10日 21:30
 >うえさん
こんばんは。
天皇杯優勝おめでとうございます。
そして、昨日はお疲れ様でした。
準決勝同様の試合展開となりましたが、本当に試合終了の笛が吹くまでハラハラドキドキでした。
後半40分過ぎから時間稼ぎのサッカーをしていましたが、これがオリヴェイラ流なんだなと割り切れます。

これで来季ACLを本戦から戦う事になりました。
これから新しく入る選手、出ていく選手の知らせが入ってきますが、実りあるオフにしたいですね。

この記事へのトラックバック