FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンバに完敗でACL圏内が遠のく

<<   作成日時 : 2018/11/04 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第31節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてガンバ大阪との対戦。

今シーズンも残り4試合。
5試合負けなしで6位にまで浮上したレッズ。
今度の対戦相手は、現在6連勝中と波に乗るガンバ大阪。
ACL圏内の3位まで射程圏内に入ってきただけに、ガンバの連勝も止めておきたい試合。
画像

スタジアムに着いたのは14時前。
南広場ではロシアW杯で日本の指揮を執った西野朗前監督のトークショーが行われていました。
かつてガンバの監督だった事もあって、トークショーにはガンバサポも多く聞いていました。
メインはW杯の試合だったのですが、W杯期間中には聞けなかった話も聞くことが出来て、それなりに参考にはなりました。
画像

スタメンは故障した青木選手に代わって阿部選手をスタメンで起用。
あとは前節と変わらず。
一方のガンバはGK・東口選手がベンチ外。

試合前には前節に続いてビジュアルを展開。
今回は前節と違って北ゴール裏のみ。
それでも完成度の高いビジュアルには相変わらず卒倒させられますね。
画像

試合は、レッズが立ち上がりから優位に試合を進め決定的な場面もあったが、相手GKの好守もあってゴールが奪えず。
逆に安易なパスミスからミドルシュートを決められて、前半はレッズが1点ビハインドで後半へ折り返し。

後半開始早々にレッズは興梠選手のゴールで同点に追いついたが、後半17分にカウンターから失点を許し再び勝ち越され、更にカウンターから失点。
その後のレッズは攻撃の形すら作れずに、そのまま試合終了。

ガンバ大阪が浦和レッズに3−1で勝って、これで7連勝。
レッズは2ヶ月ぶりの敗戦となり、勝ち点差1に詰めていた鹿島とFC東京との勝ち点差を再び4に広げられてしまいました。
画像

鹿島戦に快勝して迎えたガンバ戦。
似たような形で先取点を取られながら、後半の早い時間帯に追いつけたので鹿島戦の再現を臨んでいたのですが、今のガンバはそんなに甘い相手ではありませんでした。

ガンバの1点目、2点目と見事なゴールなのですが、いずれもレッズのミスが起点とされたゴール。
1点目は意味不明な横パスから。
別にパスカットされたわけでなく、ガンバの選手に労せずボールが渡ってのシュート。
先取点を決めた小野瀬選手。
シーズン途中までJ2でプレーしていたとは思えないくらいで、ガンバはいい選手を補強したと思います。

2点目もドリブルで駆け上がっているのに誰も止めに行かずにPA内まで一緒に走っているだけ。
そして極めつけは3点目の成す術なく取られた追加点。
その後も相手のやりたいようにやられ、よく3失点で済んだなというのが本音です。

W杯中断明けの試合でレッズが負けている試合は全て外国人選手のパワーや技術にやられてのもの。
今のレッズにないのはそれですね。
今オフは外国人選手の整理も必要になってきそうです。

次節は札幌厚別公園競技場にて北海道コンサドーレ札幌との対戦。
本来なら札幌ドームでの試合になる筈なのですが、コンサートが先約で入ってしまった為に屋外の厚別に回されたとの事。
まだ札幌には初雪の便りは届いていないが、来週の土曜日にはどうなっているのでしょうか?


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

2つのスーパーゴールの前に屈したという印象もありますが、今のガンバは一時手が付けられなかった名古屋の状況になっているだけに元々力のあるクラブですから状態が良ければ簡単に勝てる相手ではなかったと言えます。

残り3試合諦めてはいけません。諦めてACLを失った経験を忘れずに闘い抜きましょう。

1つご報告ですがクラブの次期社長から来季も残ってくれという打診を受けて次期社長の為に残留する事にしました。完全移籍をお伝えした手前申し訳ありません。

ただ来季については浦和レッズをサポートする事を兼任する事は決めました。今のクラブの中では学べない事が多くあるだけに浦和レッズになる為にはどうしたらよいのか?を浦和サポーターになって考えていきたいと思います。

Jリーグサポーターでもクラブを兼任している人を何人も観ていますし、アイドルグループでも兼任しているメンバーがいる事を踏まえても複数クラブを兼任する事も時代としてありなのではと感じます。

という事でよろしくお願い致します。
PGM21
URL
2018/11/04 07:02
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。興梠のゴールで同点に追い付いた時は先の鹿島戦の時の再現を期待したのですが、それどころか徐々にガンバのサッカーに飲み込まれて行き、鹿島戦の再来どころか、途中から総崩れになってしまいましたね。
ワールドカップ中断前にドン底の状態で対戦した時から立て直しを図り、ここまで復活しての両チーム再戦でしたが、今回は相手の復活度合いが上でしたね。6連勝をしているチームの納得の強さと勢いを見せ付けられてしまったと思います。

これで再び目標の3位が遠退いてしまいましたが、気持ちを切り替えて札幌へ行きたいと思います。
うえ
URL
2018/11/04 07:28
 >PGM21さん
こんにちは。
ガンバが、ここまで連勝を積み重ねてきたのも納得の試合でした。
レッズが早い段階で先制出来ていればよかったのですが。
ACLは天皇杯を制した方が本選から戦えるし、残り3試合しかないので現実を見るしかありません。
FREE TIME
2018/11/04 12:21
 >うえさん
こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。
2点目を取られてから完全に攻守が崩壊してしまい、よく3失点で済んだなと思うような後半でした。
3位は極めて難しくなりましたが、気持ちを切り替えて、次節の札幌戦で勝ちましょう。
FREE TIME
2018/11/04 12:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ガンバに完敗でACL圏内が遠のく FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる