FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡ソフトバンクホークスが2年連続日本一

<<   作成日時 : 2018/11/03 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

福岡ソフトバンクホークスが、昨年に続いての日本一。
レギュラーシーズン2位から日本一を勝ち取りました。

2018年日本シリーズ。
広島カープvs福岡ソフトバンクホークスの第6戦は、舞台をマツダスタジアムに戻してのプレーボール。

広島での2連戦はカープの1勝1分けだったが、福岡での3連戦はホークスが3連勝して一気に王手。
ホークスが敵地でも地に足つけて2年連続日本一を勝ち取るか、それともカープが本拠地で3連勝して逆転日本一なるか。
先発はカープ・ジョンソン、ホークス・バンデンハークの両外国人投手。

試合はカープが初回に先頭の田中広輔選手がヒットで出塁するが、ホークスバッテリーの前に盗塁失敗。
2回には一死一、三塁のチャンスだったが、またしても盗塁失敗してしまい無得点。
これでカープがシリーズ6試合で8回盗塁を試みて全て失敗という結果に。

逆にホークスが4回に一死二、三塁のチャンスから西田選手がスクイズを決めて先取点。
5回にもグラシアル選手にソロホームランが出て追加点。

ホークスの先発・バンデンハーク投手は150キロ中盤の速球とブレーキのあるカーブを武器にカープ打線相手に6回で10奪三振無失点に抑える好投。
7回以降は継投策に入り、最後の9回裏のカープの攻撃を森投手が三者凡退に抑えて試合終了。

この瞬間に福岡ソフトバンクホークスの2年連続9回目の日本一が決定。
平成最後の日本シリーズを制したのはホークスになりました。

レギュラーシーズンではライオンズの後塵を拝し2位という結果に終わりリーグ連覇を逃したホークス。
しかし、CSではライオンズに勝っての日本シリーズ進出。
日本シリーズでもセ・リーグ3連覇のカープを相手に4勝1敗1分けで下しての日本一。
ベテラン選手の衰え、主力選手の故障などがありながらも、こうやって頂点を掴めたのだから、まさにホークスは最強のチームであると言えます。

MVPには甲斐捕手が選ばれました。
甲斐捕手の時にカープは6回盗塁を試みましたが、全てアウトにする強肩ぶり。
カープは6試合で盗塁0と持ち前の機動力を封じる事が出来たのだから、MVPも納得です。

福岡ソフトバンクホークス、2年連続9回目日本一おめでとうございます。
元号が変わる来シーズンは、どのような勢力図になっていくのでしょうか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
福岡ソフトバンクホークスが2年連続日本一 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる