FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋のグルメ日記(2018年11月)

<<   作成日時 : 2018/11/29 23:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

11月も間もなく終わり。
そこで今回は、この秋に味わったグルメネタを掲載したいと思います。

福満園別館・黒炒飯
画像

横浜中華街にある四川料理にヒケを取らない辛さが持ち味の湖南料理の専門店。
メニューを見ても、いかにも辛そうなメニューが揃っています。

その中から選んでみたのが、当店の名物とメニューに書かれていた黒炒飯(864円)。
色は本当に黒いですが、味付けが濃いわけではありません。
炒飯が黒いのは醤油味が効いているからですね。

他にも四川風餃子とは辛めのものをいただきました。
中華街が多くの店が軒を連ねているので、店を選ぶだけでも悩むし、入った店でもメニューに悩んでしまいますね。

米麺食堂 ・四川麻辣フォー
画像

東京メトロ大手町駅に直結するビルの地下2Fに食堂街があります。
その中にあるベトナム料理店。

主に麺類が主なのですが、その中から期間限定販売の四川麻辣フォー(880円)を注文。
見た目が坦々麺みたいです。

実際に食べてみるとスープを久利に入れると直ぐに辛さを感じ、喉にも来ました。
麺も野菜もスープに絡んでいるので辛かったです。
具材も、刻みネギや付け合わせのもやしなどがメインで、お肉は少ししかしかないのが残念。
あっさりした方が良かったのかもしれません。

鎌倉 秋本・生しらす丼
画像

鎌倉駅近くの小町通沿いにある日本料理店。
旅行雑誌にも取り上げられている店なので、30分以上は外で並んでしました。

懐石料理の店とあって、どのメニューも高いのですが、その中から「生しらす丼」(1,566円)を注文。
鎌倉野菜を使った天丼も良かったのですが、店員の人が間もなくしらすは禁漁になるとの事なので、今食べるならという事で生しらす丼を食べてみる事にしました。

釜揚げしらすの上に生しらすが盛りだくさんにのせられており、二種類のしらすを味わえます。
途中から温泉卵を割って黄身を絡めて食べるようにと店員に言われたので、実際に黄身を絡めて食べてみると違った味わいを堪能できます。


るるぶ横浜 鎌倉 中華街’19 (るるぶ情報版地域)
ジェイティビィパブリッシング
2018-09-06
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋のグルメ日記(2018年11月) FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる