FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS MVPは山川・丸 新人王は田中・東

<<   作成日時 : 2018/11/27 20:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2018年プロ野球のMVPと新人王が発表されました。
MVPはパ・山川穂高選手、セ・丸佳浩選手。
新人王はパ・田中和基選手、セ・東克樹投手が、ぞれぞれ受賞しました。

山川選手はライオンズの4番として47本塁打、124打点の成績でライオンズの10年ぶりリーグ優勝に貢献。
個人的には浅村選手もあるのではないかと思っていましたが、やはりダントツのホームラン王である事が評価されたようですね。

丸選手はカープのリーグ3連覇に貢献。  
約1ヵ月戦線を離脱しましたが、それでも3割30本を記録し、選んだ四球は130でリーグ最高出塁率。
2年連続MVP受賞も納得です。
今オフにFA宣言して去就が注目されていますが、丸選手自身が納得する道を選んでほしいです。

新人王に選ばれたのが田中選手と東投手。
田中選手が今季2年目になりますが、イーグルスのレギュラーに定着し18本塁打21盗塁を記録。
同じ2年目のバファローズ・山本投手との一騎打ちとなりましたが、ここは田中選手が新人王に輝きました。

東投手はベイスターズのドラフト1位として開幕からローテーションに定着。
ルーキーながら11勝を挙げて文句なしの新人王。
ジャイアンツ相手に5勝を挙げたのも見事でした。

しかし、今回のMVPと新人王の件で、選手の関係者のSNSによって情報が事前に漏れていました。
要するに、大分前に投票が行われて決まっていたって事ですね。
NPBもこういうところは確りと管理を行き届けておくべきだと思います。

これでプロ野球も、いよいよストーブリーグに突入。
FA宣言をした中で、まだ移籍先が決まっていない丸選手と西投手の去就も気になりますし、あっと驚くようなトレードもあるかもしれません。
これから本格的なオフに入るので、野球ファンにとっても寂しい数ヶ月になりますね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
MVPは山川・丸 新人王は田中・東 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる