FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ホークスが一発攻勢で第1ステージ突破

<<   作成日時 : 2018/10/15 22:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

パ・リーグクライマックスシリーズ第1ステージ。
両チーム1勝1敗で迎えた第3戦が福岡ヤフオクドームで行われました。

ホークスは勝利か引き分けで最終ステージ進出。
ファイターズは勝利だけが絶対条件。
先発はホークス・東浜、ファイターズ・杉浦の両投手。

試合は初回にホークスが明石選手のホームランで先制したが、ファイターズが2回に横尾選手の2試合連続ホームランで、すぐに同点に追いつく。
ホークスは4回にデスパイネ選手のセンターバックスクリーン左に飛び込むホームランで勝ち越し。さらに松田選手にもホームランが出て2点を勝ち越し。

ファイターズは6回に近藤選手のタイムリーで1点差にしたが、ホークスがその裏にデスパイネ、中村両選手の2者連続ホームランで3点差に広げる。
守っても5回途中から継投策に入ってファイターズ打線を2点に抑えて、ホークスが5−2で勝利。
この結果、第1ステージは2勝1敗でホークスが制しました。

ホークスの5点は全てソロホームラン。
5本とも全てスタンドに入ったのだから文句なしでしょう。
レギュラーシーズンでは不本意な成績だったデスパイネ選手が、ここに来て調子を上げてきたのはホークスにとって大きいですね。

ファイターズは4番・中田選手の不調とレアード選手の故障で打線に繋がりを欠きましたね。
それ以外の選手がそこそこ打っていただけに惜しまれます。

これでパ・リーグの最終ステージの対戦カードはライオンズvsホークスに決定。
ホークスは終盤に猛烈な追い上げを見せたが、ライオンズとの直接対決で再び引き離されて連覇を阻まれた相手。
果たしてホークスの先発投手陣がライオンズの強力打線を抑えられるのかがカギとなるでしょう。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホークスが一発攻勢で第1ステージ突破 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる