巨人が最終戦でCS進出決める

プロ野球のペナントレースも、残りわずか。
現在3位につけているジャイアンツは、甲子園球場でシーズン最終戦。

ジャイアンツは、今日の最終戦で勝てれば3位が確定してCS進出。
現在4位のベイスターズが逆転でCS進出を決めるには残り2試合を連勝し、且つジャイアンツが今日の試合で負けける事が最低条件であり絶対条件。
ジャイアンツとしては、今季限りでの辞任を発表している高橋由伸監督とCSまで一緒に戦いたいところ。
先発はタイガース・メッセンジャー、ジャイアンツ・メルセデスの両外国人投手。

試合は初回にタイガースが併殺崩れで1点を先制したが、ジャイアンツが3回に二死満塁から阿部選手の2点タイムリー二塁打で逆転し、5回にも陽選手の2点タイムリー三塁打で、リードを3点に広げる。

4回までタイガース打線を1点に抑えていたメルセデス投手だったが、5回に1点を取られ、6回にも1点差に詰め寄られるタイムリーを打たれたところで、ジャイアンツベンチは継投策に入る。
しかし、代わった畠投手の暴投と、小林捕手の三塁悪送球で同点に追いつかれてしまう。

試合を振り出しに戻されてしまったジャイアンツだったが、7回に先頭の岡本選手にホームランが出て再び勝ち越し。
岡本選手は8回にも2打席連続となる2ランホームラン。
これで岡本選手は、高卒4年目にして3割30本100打点の大台に到達。

9回は5点リードだったがエース・菅野投手を投入。
簡単に三者凡退に抑えて試合終了。
これでジャイアンツの3位が確定して、CS第1ステージの対戦カードは神宮球場でスワローズvsジャイアンツに決まりました。

一方、神宮球場ではベイスターズがスワローズに4-1で勝利。
しかし、ジャイアンツの勝利によって最終戦を待たずして4位が確定しました。

継投が失敗して同点に追いつかれた時はどうなるかと思いましたが、嫌な雰囲気を岡本選手が一瞬のうちに吹き飛ばしてくれました。
先月のベイスターズ戦で、指に死球を受けてからホームランが出ていなかったけど、最終戦で2打席連続ホームラン。
シーズン最終打席で100打点に到達したのだから大したものです。

その岡本選手を、今シーズンずっと使い続けたのは高橋監督。
岡本選手の飛躍は、まぎれもなく監督の功績です。

次はスワローズとのCS第1ステージ。
監督としての高橋由伸の最後の勇姿を見たいので、神宮球場のチケットは何としても確保するつもりです。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック