FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「コーヒーが冷めないうちに」

<<   作成日時 : 2018/10/04 22:43   >>

トラックバック 7 / コメント 0

映画「コーヒーが冷めないうちに」を鑑賞しました。

この映画は、「1110プロヂュース」主宰の川口俊和の小説を映画化。過去に戻れる席がある喫茶店を舞台に、来店する人々が体験する出来事が描かれる作品。

ストーリーは、時田数(有村架純)が働く喫茶店「フニクリフニクラ」には、ある席に座ると自分が望む時間に戻れるという伝説があった。
「過去に戻れるのはコーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ」といったいくつかのルールがあるが、過去を訪れたい人たちが次々と来店する。

「本屋大賞2017」のノミネートされた作品。
原作は未読ですが、「4回泣けます」のフレーズが気になったので鑑賞してみる事にしました。

全体的なストーリーはというと4部に分けたオムニバス形式。
幼馴染、夫婦、姉妹、親子の4つエピソードが描かれています。

過去に訪れたいと言っても、出会えるのは喫茶店「フニクリフニクラ」に入店した者のみで、過去に戻れるのも喫茶店の中だけ。
もし、コーヒーが冷めてしまったらどうなるのかが、最初から気になっていましたが、それは最後の親子のエピソードで描かれています。

一通り見て、これは泣くなと思ったのは松重豊と薬師丸ひろ子が演じた夫婦のエピソードですかね。
認知症を患う前の妻がいた過去に戻った夫が、既に認知症である事を認識していた妻から手紙を受け取るシーン。
現在に戻って夫であった事すら忘れてしまった妻のそばに寄り添い続けるシーンは良かったなと思います。

それ以外というと、姉妹のエピソードは人によっては泣くかなと思ったけど、残り2つのエピソードで泣く人は少ないのではないかと思いました。
最初の幼馴染の話は、ほんの数週間前に戻っただけで、あっさり終わってしまったし、最後の親子のエピソードも、何でこうなってしまったのかわかってしまうと何だかなぁと、自分は思ってしまったわけで。

それと、この話は映画よりも連続ドラマの方が向いているのではないでしょうか。
2時間ちょっとで4部もいっぺんに描くと、余韻もあまり残らない。
監督を務めた塚原あゆ子さんも「アンナチュラル」などのドラマを演出していただけに、映画よりもドラマの方が4回泣けるのかもと思いました。

この映画を観終わって、もし自分に過去に戻れるとしたら、いつごろがいいのか考えてみた。
結論は、戻りたい時期が多くて決められない・・・。


コーヒーが冷めないうちに
サンマーク出版
川口俊和
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「コーヒーが冷めないうちに」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201809220000/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2018/10/05 05:35
コーヒーが冷めないうちに
店主・時田流と姪の数が切り盛りする喫茶店「フニクリフニクラ」には、【ある席】に座ると望んだ通りの時間に戻ることが出来るという都市伝説があった。 ただし、『どんな事をしても、現実は変わらない』し、『過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ』。 様々な客が、その席に座る…。 ファンタジー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/10/05 13:07
「コーヒーが冷めないうちに」@一ツ橋ホール
 試写会の客入りは7割ほど、客年齢はお子さんから年配の方まで幅広く、ほぼ女性客で客席は埋まった。 ...続きを見る
新・辛口映画館
2018/10/05 15:11
コーヒーが冷めないうちに
本屋大賞にノミネートされた川口俊和の同名ベストセラーをTV「ひよっこ」「ナラタージュ」の有村架純主演で映画化したハートフル・ファンタジー・ドラマ。望んだ過去に戻れる不思議な喫茶店を舞台に、それぞれの事情を抱え、過去に戻りたいと願う登場人物たちが繰り広げる切ない人間模様をオムニバス・タッチで綴る。共演は薬師丸ひろ子、波瑠、吉田羊、松重豊、石田ゆり子。監督は数々のTVドラマを手がけ、本作が映画監督デビューとなる塚原あゆ子。あらすじ:時田数が働く喫茶店“フニクリフニクラ”には、不思議な都市伝説があった... ...続きを見る
映画に夢中
2018/10/05 18:24
「コーヒーが冷めないうちに」:あれもこれも問題で・・・
映画『コーヒーが冷めないうちに』は、予告で大体わかるように(泣かせようとする)「 ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/10/06 00:10
『コーヒーが冷めないうちに』: (惹句) 4回泣ける→(結果) 1回号泣 @試写会
9月下旬公開の『コーヒーが冷めないうちに』、ひと足早く、試写会で鑑賞しました。 2017年本屋大賞ノミネート小説の映画化です。 さて、映画。 ...続きを見る
キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビュー...
2018/10/06 10:36
映画 『コーヒーが冷めないうちに』
&amp;nbsp; ...続きを見る
こみち
2018/10/06 20:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「コーヒーが冷めないうちに」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる