FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本シリーズ初戦は延長12回ドロー

<<   作成日時 : 2018/10/27 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2018年日本シリーズは、今日から開幕。
今年の対戦カードは広島カープvs福岡ソフトバンクホークス。
第1戦はマツダスタジアムでプレーボール。

シーズン2位からの日本シリーズ進出で、2年連続日本一を目指すホークス。
34年ぶりの日本一を目指すカープ。
先発はカープ・大瀬良、ホークス・千賀の両投手。

試合は初回にカープが菊池選手のホームランで先制。
更に四球とヒットで一死一、二塁とチャンスを広げて、松山選手のタイムリーで2点目。

4回までカープ・大瀬良投手の前にノーヒットに抑えられていたホークス打線だったが、5回に初安打をきっかけに無死一、三塁のチャンス。
その後、内野ゴロ2つで二死二、三塁となって、千賀投手に打順が回ってきたところで、ホークスベンチは代打にデスパイネ選手を起用。
ここでデスパイネ選手は二塁ゴロを打つが、内野安打とエラーで走者2人が還り、ホークスが同点に追いつく。

その後は、両チームとも継投策に入り、相手打線に勝ち越し点を与えないまま、シリーズ初戦から延長戦に突入。
最大12回までの延長戦になっても、お互いに勝ち越し点が入らないまま試合終了。
日本シリーズ初戦は2−2のドローに終わりました。

日本時間の昼間に行われていたアメリカのワールドシリーズでは延長18回の激闘。
そして、夜に行われた日本シリーズは延長12回。
両方の中継を観ていた人は、それだけで1日の半分を過ごした事になります。

カープが幸先良く2点を先制して、先発・大瀬良投手も4回までノーヒットピッチング。
ここまではカープのペースでしたが、初安打をきっかけに相手の守備の乱れにも助けられて、一気に同点に。
少ないチャンスをモノにするあたり、流石は前年の日本一チームですね。
カープも松山選手が後逸しなければ逃げ切れていたかもしてないだけに惜しかったです。

今日のTV朝日で21時からフィギュアスケートの中継を予定していた。
当然、21時までに試合が終わる訳がなく、日本シリーズが終わって、フィギュアスケートの中継が始まったのは、つい先程。
テレビ朝日は、何を考えて番組編成を組んでいるのでしょうか?

明日もマツダスタジアムで試合が行われます。
先発はカープ・ジョンソン、ホークス・バンデンハークの両投手。
初戦で投手を総動員した分、明日の試合は両先発投手には長いイニングを投げてほしいですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本シリーズ初戦は延長12回ドロー FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる