FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島・カープの日本シリーズ決定 所沢・ホークス再びタイに

<<   作成日時 : 2018/10/19 22:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

カープの日本シリーズ進出が決まりました。

広島5−1巨人
カープが連勝で一気に王手をかけて臨む3戦目。
このままストレートで勝って2年ぶりに日本シリーズ進出を決めるか、それともジャイアンツが一矢報いるか。
先発はカープ・九里、ジャイアンツ・今村の両投手。

試合は、2回にカープがメヒア、野間両選手の連続初球二塁打で先制し、更に内野ゴロで野間選手が生還し2点先制。
3回には二死から丸選手にホームランが出て、ジャイアンツの先発・今村投手をKO。
5回にも二死満塁から敵失で2点を追加して、5−0と差を広げる。

カープの先発・九里投手は5回までジャイアンツ打線をノーヒットに抑える好投。
6回に初安打を喫した後に、マギー選手にタイムリーを打たれたが6回途中を投げて1失点の好投。

その後は継投策に入り、最後は8回途中からリリーフに立ったフランソワ投手が力のある速球でねじ伏せて、9回のジャイアンツの攻撃も3人で抑えて試合終了。
これでカープがジャイアンツに3連勝し、アドバンテージを含む4勝0敗で、2年ぶりに日本シリーズ進出を決めました。

神宮の第1ステージで2連勝して乗り込んだジャイアンツでしたが、結局はシーズン通りにマツダスタジアムでカープ相手に力の差を見せつけられたの完敗。
流石にシーズン借金4で終えたチームが日本シリーズに進出なんて事になると、一昨年のJリーグのような汚点に残るシーズンになっていただけに、カープが日本シリーズに進出した事が良かったっと思います。

この試合をもって高橋由伸監督が退任。
不本意な形で監督になった経緯もあり、3年間で満足な結果を残す事が出来ませんでしたが、まずはお疲れ様ですと言いたいです。

福岡ソフトバンク15−4埼玉西武
初戦はホークス、2戦目はライオンズが2ケタ得点と打撃戦の様相を呈しているパ・リーグの最終ステージ。
ライオンズが連勝して王手をかけるか、ホークスが再びタイに戻すか。
先発はライオンズ・榎田、ホークス・千賀の両投手。

試合はホークスが3回に一死二、三塁から上林選手の3ランで先制し、その後も、もう1点追加して一挙4点。
4回にも代わった十亀投手から3点を追加し、5回にも5点を挙げて5回の時点で2ケタ得点となる12得点を記録。

ライオンズは山川選手や外崎選手にホームランが出たものの、序盤の大量失点の前に焼け石に水。
試合はホークスが15-4で大勝。
これで対戦成績を2勝2敗として、再びタイに戻しました。

ホークスの先発が千賀投手なので、ライオンズの先発・榎田投手が、どこまで投げられるかが焦点でしたが、3回に4失点を奪われてKO。
4回からマウンドに上がった2番手の十亀投手も2イニングで8失点を喫するなどベンチの起用に応えられず。
これで、今シリーズ2度目の2ケタ失点。
やはりライオンズの投手力では、今のホークス打線を抑えるのは簡単ではありませんね。

明日の予告先発は、ライオンズ・今井、ホークス・東浜の両投手。
明日も打撃戦になりそうですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
広島・カープの日本シリーズ決定 所沢・ホークス再びタイに FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる