巨人・高橋由伸監督が今季限りでの辞任を表明

巨人の高橋由伸監督が今季限りでの辞任を表明。
3年連続V逸で自ら決断したとの事です。

高橋監督は2015年に現役を引退して巨人の監督に就任。
正確に言えば、翌年も現役続行するつもりだったが、当時の原監督が辞任し、フロントが後任の準備を全くしていなかった為に由伸選手に白羽の矢を立てて、無理矢理、現役を引退させて監督にしたのであります。

就任してからの3年間。
優勝はおろか、優勝争いすら出来ずに、カープとの力関係は完全に逆転。
チームが過渡期だったとはいえ、1点差ゲームなどの接戦に弱く、原前監督と比較して勝負勘の無さも感じていました。

ファンからも辞めろの声が多かったけど、自分は辞めろとは思わなかった。
監督になった経緯もあるけど、由伸監督とは同世代で、1年生の夏から甲子園に出場した桐蔭学園時代から注目していた存在。
現役時代も美しいフォームから放たれるホームランに魅了していました。

正直言うと、今季の采配とチームの成績を見ていると「辞めるべきではないのか」と思っていました。
3年もやって、あまり采配に進歩がなかったのも事実なので。

これで気になるのが後任の監督は誰なのか。
山口オーナーは「経験、実績のある人物を」と言っていたので、過去に監督経験のある人物を中心に探す事になるのかもしれませんね。

そうなると原さんが3たび監督をするのか。
あるいは、他球団で監督経験がある中畑さんか落合さんあたりか。
いずれにしてもフロントの出方を待つことにします。

ジャイアンツは、まだCS進出の望みはあります。
正直、今季の成績ではCSに進出しても白けるばかりなのですが、今季限りで辞任する以上は3位に入ってCSに進出してほしい。
セ・リーグCSの第1ステージは神宮球場。
もしジャイアンツが3位になれたら神宮のチケットを確保して、ジャイアンツのユニを着た最後の高橋由伸の姿を見届けたいと思います。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック