どすこい劇場開演でドロー

プロ野球もいよいよ残りわずか。
今夜は、東京ドームにてジャイアンツvsスワローズ戦を観戦しました。

現在2位のスワローズと3位のジャイアンツ。
昨日はスワローズが勝って、両チームのゲーム差は2。
先発はジャイアンツ・吉川光夫、スワローズ・ブキャナンの両投手。
画像

画像

試合は両投手の投げ合いで始まり、4回まで両チームノーヒット。
均衡が破れたのは5回裏。
ジャイアンツが先頭のマギー選手の、この試合両チーム通じて初安打がレフトスタンドに飛び込む特大ホームランで先制。

ジャイアンツの先発・吉川光夫投手は、6回まで四球の走者1人出しただけのノーヒットピッチング。
7回表に青木選手にヒットを打たれてノーヒットノーランは消滅したが、後続を抑えて7回無失点の好投で先発投手の役割を果たす。

ジャイアンツは8回から継投に入り、8回には今季初登板の畠投手を投入。
畠投手は一死一、三塁と同点のピンチを背負ったが、後続を連続三振に抑えてピンチ脱出。
そして、9回に山口俊投手を投入したが、一死からの3連続四死球で満塁としてしまい、犠牲フライを打たれてノーヒットで同点にしてしまう。
試合は9回で決着がつかずに延長戦。

スワローズは10回以降は走者を一人も出せずに、この試合の勝利はなし。
ジャイアンツは12回裏に二死二、三塁とサヨナラのチャンスを作ったが、代打・宇佐見選手が内野ゴロに倒れて試合終了。
結局、試合は1-1のドロー。
両チームのゲーム差は変わらず。
一方、首位・カープが連敗を6で止めてマジックが7に減りました。
画像

両先発投手の素晴らしい投げ合いで始まった試合。
終わってみたら、延長12回の末にドロー。
9時前に試合が終わると思っていましたが、12回までもつれて、終わったのが10時前。
終盤はジャイアンツが押し気味に試合を進めていただけに、チャンスを活かせなかったのがダメでしたね。

先発の吉川光夫投手が7回まで1安打に抑える好投。
もっと行けたのではないかと思いますが、7回の投球はボールが先行していたし、球数も100球を超えていたので交代は仕方なかったかな。

その吉川投手の好投を無駄にしたのが山口俊投手の独り相撲。
先頭を打ち取って、その後も山田選手も2球で追い込んだにも関わらず死球を与えてしまい、その後も二者連続四球で満塁にしてしまっての同点犠牲フライ。
今、両国で大相撲秋場所をやっているからって、東京ドームで独り相撲やらなくても。
これで前回の甲子園と抑えを任されてから2試合連続失点。
やはり、ベイスターズ時代に中畑監督から抑え失格の烙印を押された投手だけの事があります。

それと打線も2試合続けてホームランの1点のみ。
これも、今日の試合で勝ち切れなかった要因。
今日は大幅に打順を入れ替えたが機能せず。
3番に起用されてノーヒットに終わった坂本選手は、また明日以降は1番に戻るかもしれませんね。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック