北海道で震度6強の地震

今日、午前3時8分頃、北海道で震度6強の地震が発生しました。
厚真町で大規模な土砂崩れが発生するなど、北海道各地で被害が発生しています。

6日午前3時8分頃、北海道の胆振地方中東部を震源とする地震があり、北海道安平町で震度6強、千歳市で震度6弱などを観測した。気象庁によると、震源の深さは約40キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.7と推定される。(読売新聞)

この地震の事を知ったのは、今朝起きてからニュースを見た直後。
地震発生時刻が、午前3時8分。
つまり、多くの人が寝ている時間帯に発生したという事ですね。

震源に近い厚真町では大規模な土砂崩れが発生して家屋が崩れるなどの被害。
札幌市でも液状化現象が発生するなどの被害が出ています。

この地震によって新千歳空港が閉鎖されて全便欠航。
JRも北海道新幹線、在来線で運転見合わせとなっていて、復旧の見通しすら立っていない状態です。

(追記)
当初は最大震度6強と発表されていましたが、厚真町では震度7を観測したとの事。
犠牲者も死者が9人、行方不明者28人と発表されていますが、今後も増えてきそうですね。

この地震の影響で、札幌ドームで明日行われる予定だったサッカーの日本vsチリ戦も中止を発表。
プロ野球でも北海道日本ハムファイターズが移動できない状態の為に、明日仙台で行われる楽天vs日本ハム戦も中止を発表。
尚、昨日まで北海道で試合をしていた埼玉西武ライオンズは旭川空港が使用できるので東京に戻れたとの事ですが、今回の地震の影響次第では、今後札幌ドームで行われるプロ野球やJリーグの開催にも影響してきそうです。

それにしても、今年は自然災害は多いですね。
一昨日は台風21号で四国・近畿地方に深い傷跡を残したばかり。
それ以前にも大阪北部地震、西日本豪雨、記録的猛暑と自然の猛威が次から次へと押し寄せてきます。

北海道は今でもライフラインが遮断されている地域があり、余震も続いています。
これ以上の被害が出ない事を祈るばかりです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック