村田修一御膳試合でサヨナラホームラン

9月最後の金曜日。
今夜は、仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsベイスターズの最終戦を観戦しました。

セ・リーグはカープの優勝が決まり、残すはCS争い。
スワローズのCS進出も、ほぼ決まりだけに残るイスは1つ。
昨日の勝利で3位に浮上したベイスターズと4位に転落したジャイアンツとの直接対決。
先発はジャイアンツ・菅野、ベイスターズ・東の両投手。
画像

試合は、予想通り両先発投手の投手戦。
2回に両チームともノーアウトから得点圏に走者を進めたものの、あと1本が出ずにお互い無得点。
その後はチャンスすら出ない状態が続いたが、6回以降は両チームとも走者を出すが、ここでも両投手の踏ん張りで0-0の状態が続く展開が続き、試合は9回に。

9回にベイスターズは先頭打者のヒットと申告敬遠による四球で二死二、三塁とヒットが出れば2点先制できるチャンスだったが乙坂選手が力なく内野フライに倒れて無得点。
その裏のジャイアンツは一死から長野選手がレフトスタンドに入るホームランでサヨナラ勝ち。
これでジャイアンツが再び3位に浮上しました。
画像

両先発投手が持ち味を発揮した投手戦で試合のテンポも速かったですね。
菅野投手は今月に横浜スタジアムでベイスターズ戦に先発しましたが、押し出しを献上するなど敗戦投手に。
今日は2回に二者連続四球を出した以外は制球も安定していて、一発でしか点が取られないような投球でした。

ルーキーながら今季のジャイアンツ戦5勝の東投手も7回まで無得点に抑える好投。
8回から継投に入ったので勝ち負けはつきませんでしたが、並みのルーキーではない事を生観戦して確認できました。
今季の新人王は東投手で間違いないでしょう。

試合後に今季限りで引退する村田修一氏が場内一周。
試合前の挨拶は見る事が出来なかったけど、久しぶりに村田氏の勇姿を球場で見る事が出来て、足を運んだ甲斐がありました。
そしてジャイアンツ時代とベイスターズ時代の応援歌も流れていました。

最後に両チームの選手が集まって、三塁ベース付近で胴上げ。
村田選手、本当にお疲れ様でした。
画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック