FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 3度リードされながら3度追いつきドロー

<<   作成日時 : 2018/08/20 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第23節。
浦和レッズは、アウェー・IAIスタジアム日本平にて清水エスパルスとの対戦。

前節のジュビロ戦から中3日。
相手は連敗中の清水エスパルス。
前回のホームゲームでは勝利したが、新加入選手も結果を出しているので油断は禁物。

スタメンは3人変更。
前節は出場停止だったマウリシオ選手がスタメン復帰し、前節はマウリシオ選手の穴を埋めた阿部選手が柏木選手の代わりにボランチで起用。

試合は前半6分にエスパルスが先制し、レッズは早い時間帯に先制を許したが、11分に阿部選手がFKを直接決めて同点。
前半は1−1のタイで後半に折り返し。

後半でもエスパルスが早い時間帯に点を決めて再び勝ち越すが、レッズが16分にカウンターからファブリシオ選手が決めて再び同点に追いつく。
しかし、2分後に金子選手に2ゴール目を許してしまい、3たび勝ち越されてしまう、
3度もリードを追いかける展開に回ってしまったレッズは槙野選手のヘディングで3たび追いつく。

結局、試合は3−3のドロー。
両チームとも勝ち点1を分け合う結果となりましたが、レッズは前節から順位を1つ下げました。

この試合は夕方18時キックオフ。
外出先から帰宅したのが19時過ぎだったので、そこから試合経過を確認しました。

1試合平均1点を切るリーグ3位の守備力。
それにマウリシオ選手出場停止明けときて、いかにして点を取るかと見ていましたが、まさかの3失点。
3点とも相手の個人技によるゴールだったけど、まさかエスパルス相手に3点も取られるなんて思っていませんでした。

3回もリードを許してしまったら負けるものですが負けなかった。
そこだけは選手の奮闘が素晴らしかったと思います。

阿部選手が久しぶりに芸術的FK弾を決めて、前節でハットトリックを達成したファブリシオ選手はカウンターから、そのまま押し込んでのゴール。
そして、この試合で Jリーグ通算300試合出場を達成した槙野選手が背中を向けているゴールに向かってヘディングを決めるという離れ業。
節目の記録を自らのゴールで決めてくれました。

次節はアウェー・豊田スタジアムにて名古屋グランパスとの対戦。
先月に対戦した時は完勝した相手だったが、現在は5連勝中で降格圏内からも脱出。
間違いなく前回対戦した時とは別のチームになっています。
今回の試合みたいな事をしているとやられてしまうので、次節までに守備を立て直しておきたいですね。

最後に日曜ナイターで清水まで駆けつけたサポの皆様、お疲れ様でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
昨夜こだま最終でギリギリ清水より帰還しました。

かなり大味な試合になりましたが、一度点が入り出すと流れに歯止めが効かなくなる典型的なパターンだったと思います。なので今回は守備云々より、3度同点に追い付けてのドローで、負けないで良かった感が強いです。それと清水自体が補強もあり、強くなっていました。ただレッズも中断中の厳しい鍛練やファブリシオ効果で強さは取り戻せているので、まあ少し強くなった中位同士の、らしい試合だったのかもしれませんね。

名古屋には相手の勢いに呑まれないよう、勝ちたいですね。
うえ
URL
2018/08/20 17:08
 >うえさん
こんばんは。
昨日は清水までお疲れ様でした。
予想に反して点の取り合いになりましたが、負けなかっただけでも上出来でしたね。
次の名古屋戦は、相手の勢いに呑まれないようにして連勝をストップさせてやりたいです。
FREE TIME
2018/08/20 20:58
何時もお世話になっております。

遅くなりましたが先日の試合打ち合いの末ドローになり最後は負けなくて良かったという試合でしたね。

広島、川崎をあれだけ抑えただけに清水にまさかの3失点は連戦の影響もあると思いますがずっと固定メンバーでやってきただけに入れ替えた時にバランスの問題がこれからの課題なのだと感じます。

次の名古屋は守備で大型補強した事で立て直しただけにゴールを奪えないとジョーにやられる可能性があるかもしれません。

先ほどは厳しいコメントありがとうございます。

浦和さんのようにサポーターが選手の給料を払うというクラブは選手が大金で来ますが、うちの場合はサポーターの姿勢1つです。
今スタンドの空気は悪いです。本当に酷い野次ばかりですよ。これじゃあ客もですが、監督も選手もこのクラブに来たくない思うようになるのも時間の問題と言うほど深刻です。
精神的にも今Jリーグで1番弱いサポーターとなってしまっただけに達也の背中を追って来てくれるサポーターにも辛い思いをさせてしまっています。
フロントについては私もフロントには口を出している方なのでサポーターの姿勢にフロントは苦悩している状況です。
サポーターの声を無視できないのは浦和さんはよくわかっていると思いますのでトップになる人は相当なタフな精神力がないと務まらないですね。

来年は浦和と戦えませんが東京五輪の年には対戦できるように今は生き残る戦いをしていきます。
PGM21
URL
2018/08/21 21:51
 >PGM21さん
お世話になっております。
まさか清水相手に3失点するとは予想外でしたが、そんな試合でも負けなかったのは、次に繋がると思います。
次節は名古屋戦。
先程の天皇杯で延長戦を戦ってくれたので、レッズに勝機が出てきました。
まずは複数失点をしない事が大事ですが。
FREE TIME
2018/08/22 21:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
3度リードされながら3度追いつきドロー FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる