映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を鑑賞しました。

この映画は、「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロを主人公に据えたスピンオフ。
宇宙を駆ける密輸業者からヒーローになった彼の若き日の戦いと冒険を描く作品。

ストーリーは、帝国軍が支配する時代。
惑星コレリアで生まれ育ち、自分の力だけで生き抜いてきたハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)は、銀河で一番のパイロットになるという夢を抱いていた。
やがて宇宙に飛び出した彼は、チューバッカ(ヨーナス・スオタモ)という相棒を得る。
彼らは、幼なじみの美女キーラ(エミリア・クラーク)らと一緒に、危険な世界に通じたトバイアス・ベケット(ウディ・ハレルソン)が率いるチームに加わり、壮大な冒険に身を投じる。

「スター・ウォーズ」のサイドストーリー。
何で、この時期に上映するのかと言う疑問もありましたが、どんなこぼれ話が用意されているのか興味があったので劇場鑑賞してみる事にしました。

ハン・ソロというとハリソン・フォードですが、今回演じた若かりし頃のハン・ソロはオールデン・エアライク。
3,000人ものオーディション応募から選ばれた新鋭という事ですが、まずまずの演技だったのではないでしょうか?

全体的なストーリーの感想としては、意外と地味な作品だったなという事。
もっと激しいアクションシーンが繰り広げられるのかと思ったけど、そういったシーンも、それほど見られず。
それでもストーリーの構成はまとまっていたと思うし、それなりに面白く観る事が出来ました。

ただ、アメリカでの興行収入は今一つとの事。
日本では、上映されたばかりなので、今のところは何も言えないが、あまり好評とか言った声が聞こえてこない。

そんな厳しい目が見られているのって、やはり「スター・ウォーズ」が絡んだストーリーなので、観る者からして高いものを求められているのではないのでしょうか?
「スター・ウォーズ」の看板って、やはり重たいのかなぁ(汗)

今後も、今回のような「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフをやるとかやらないとか。
個人的には別にいいけど、「スター・ウォーズ」のブランドに頼るだけの安易な設定だけはしないでほしいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2018年07月09日 23:03
やっぱり『スター・ウォーズ』って基本的には冒険モノですから、スピンオフも、特にアウトローのハン・ソロなら余計に冒険を求めてしまいますよね。
そこに製作側が応えきれなかったのではないでしょうか。
そもそもロン・ハワード監督って畑違いですしね~。
2018年07月09日 23:12
 >にゃむばななさん
監督が違うって言うのも要因なんでしょうかね。
ストーリー自体は悪くなかったと思いますが、コアなファンからしたら物足りなく映っているって意見が多かったので「そんなもんかな。」って思ったりしています(汗)

この記事へのトラックバック