FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルギーが初の3位

<<   作成日時 : 2018/07/15 07:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ロシアW杯3位決定戦。
ベルギーが2−0でイングランドに勝って、今大会の3位が確定。
1986年のメキシコW杯4位を超えるベルギー史上最高順位となりました。

両国は1次リーグでも同組。
その時は、ベルギーが1−0で勝利だったが、決勝トーナメントの初戦の相手を巡る駆け引きのようなものがあった試合だったので、今度こそ、ある意味では真剣勝負。

試合は、前半4分にベルギーが先制点。
早い時間帯に先取点を挙げたベルギーは、その後は守備を堅めて、スキあらばカウンターというシンプルなサッカー。
逆にイングランドは、全く攻め手がないまま前半終了。

後半に入るとイングランドは2人の選手を交代。
2枚替えを行ったイングランドは前半とは打って変わって攻撃の幅も広くなりベルギー相手に押し気味に展開。
あわや同点ゴールかという場面があったが、ベルギーの必死の守備の前に、なかなかゴールが奪えず。

逆に後半37分にベルギーが決定的ともいえる2点目が入る。
結局、試合は2−0でベルギーがイングランドに勝利して、今大会の3位が確定しました。


スコアこそ2−0でしたが、スコア以上の力の差を感じる試合になりました。
イングランドは延長戦を戦った後、中2日での3位決定戦。
コンディションやモチベーションとか上がらなかったと思いますが、ベルギーの堅守速攻の前に敗れてしまいました。

ベルギーがルカク選手を下げてから、イングランドがペースを握りましたが、あわや同点ゴールを寸前でクリアされたり、得意のセットプレーでも決まらなかったりと。
決められる時に決められなかった事で、決定的な2点目を奪われる事に。

本当にベルギーは強かったですね。
FIFAランク3位、優勝候補の呼び声が高かったのもわかります。
全員で守って、ボールを奪ったら一気にカウンター。
日本も、それにやられましたが、あそこまで徹底されていると見事という他はありません。

これで、残るは決勝戦を残すのみとなりました。
決勝カードはフランスvsクロアチア。
フランスが2度目の優勝か、それともクロアチアが初優勝か。
明日も休みなので、深夜ではありますが、じっくりとTV観戦していきます。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 物語 ベルギーの歴史 - ヨーロッパの十字路 (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ベルギー、最後まで強かったですね。本当にもしかしたら優勝も可能なチームでした。高速カウンターも素晴らしく、サッカーファンを魅了するに十二分に値する存在だったと思います。それだけに改めて決勝まで行ってほしかったと思いました。

さあ、いよいよその決勝ですね。クロアチアに期待しています。
うえ
URL
2018/07/15 08:22
 >うえさん
おはようございます。
ベルギーの高速カウンターは、本当に素晴らしかったですね。
それだけに優勝してほしかったです。

次は、いよいよ決勝ですね。
決勝戦にふさわしい好ゲームを見たいです。
FREE TIME
2018/07/15 11:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベルギーが初の3位 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる