無意味な証人喚問

今日、森友学園問題で証人喚問が行われました。
元財務相理財局長だった佐川氏がどういった答弁をするのかと思っていましたが、予想通りの展開と何一つはっきりしなかった事に、ただ苦笑いするしかありません・・・。

学校法人「森友学園」との国有地取引に関する決裁文書の改ざん当時、財務省理財局長だった佐川宣寿氏(60)は27日の証人喚問で、「刑事訴追の恐れ」を理由に、約50回にわたって証言を拒否した。
一方で、安倍首相や昭恵首相夫人の関与は明確に否定し、野党から「ダブルスタンダードだ」と追及を受けた。
午後2時に始まった衆院予算委員会の証人喚問の冒頭。今月9日の国税庁長官辞任以降、18日ぶりに公の場に立った佐川氏は職業を聞かれ、淡々とした表情で「無職です」と答えた。
喚問では、改ざんの動機や経緯、「改ざん前の文書を見ていたのか」などに質問が集中。佐川氏は「答弁を控えさせていただきたい」「ご容赦いただきたい」「ご理解を賜りたい」などと回答を拒否。その数は、午前の参院予算委を含めて約50回に上った。野党側からは「(捜査と)関係ない」とのヤジも飛んだ。(読売新聞)

証人喚問の様子はニュースの映像で見た程度。
まぁ、期待外れではあるけど予想通りの展開でしたね。

結局、改ざんの指示の有無や背景など核心部分の究明には繋がりませんでした。
そもそも、過去にも証人喚問をやって上手くいった試しがあったのでしょうか?
野党の議員も、自分達で強引に呼んでおきながら「証人喚問をやった意味がない。」などという始末。
野党が野党であるが所以を全国に流してしまいましたね。

野党は今度は安部首相の奥さんである昭恵夫人を証人喚問に呼ぼうとしているようです。
果たして、昭恵夫人を呼んだところで、疑惑を引き出せるのでしょうか。
本当に政治の世界ってドロドロしていた足を踏み入れたくもありません。



この記事へのコメント

2018年03月28日 18:10
これは、野党が佐川氏を締め上げられなかった事が原因でしょうね。官僚答弁というか、森友学園問題じたいが、民間との政官癒着によるもので、安倍首相も森友の教育方針やカリキュラムには興味がなかったとのことで、右翼同士の癒着かと思いきや、極めて個人的なコネによる取引があったという事でしょう。

安倍首相の政治信念も、哲学も見えないという事が、果たして、捜査に及ぼす影響は分かりませんが、教育方針やカリキュラムへの批判が、報道に観られない、という事は、そうした、教育の考え方、思想ではなく、利害だけが絡んだ癒着だったからだと思います。

今の争点は、改竄があったか否かですが、決定的な証言は今回、出て来ませんでしたね。ですが、森友側からも、天下りといった行政に対する見返りや、その談合はあったのではないでしょうか。
2018年03月30日 05:23
 >隆さん
コメントの返信遅くなって失礼しました。
野党の力不足をも露呈させた形の証人喚問でしたね。
安倍首相の関与があったどうかは定かではありませんが、いずれにしても今回の証人喚問では、はっきりした者が見えなかったです。
もう、いい加減に決着をつけてほしいですね。

この記事へのトラックバック