映画「ちはやふる -結び-」

映画「ちはやふる -結び-」を鑑賞しました。

この映画は、末次由紀のヒットコミックを原作にした青春ドラマの続編。
全国大会での激闘から2年後を舞台にして、競技かるたに打ち込む高校生たちのさらなる戦いを活写する作品。

ストーリーは、瑞沢高校競技かるた部員の綾瀬千早(広瀬すず)と若宮詩暢(松岡茉優)が、全国大会で激闘を繰り広げてから2年。
真島太一(野村周平)、綿谷新(新田真剣佑)らと共に名人・クイーン戦に挑む千早だったが、詩暢と戦えない自分の実力不足を痛感する。
そんな中、千早たちの師匠・原田秀雄(國村隼)が史上最強の名人とされる周防久志(賀来賢人)に敗れてしまい、新が彼に挑戦状をたたきつける。
その後3年生になった千早は、高校最後の全国大会に向けて動くが。

前作の「上の句」「下の句」から2年。
完結編となる「結び」では高校3年生になった千早らが描かれる。
2年生を飛ばして3年生になったところから続編が描かれるって知った時は「えっ?」と思いました。
原作やアニメ編では2年生になったところが面白いような事を聞いていたのでね。(原作は未読)

しかし、実際に鑑賞して「上の句」「下の句」以上の出来栄え。
かるただけでなく友情、恋愛、進路など高校生ならではの感情や葛藤も繊細に描かれていて、まさに青春映画の王道を行く作品でした。

3年しかない高校生活。
その高校生活をかるたに捧げた瑞沢高校かるた部。

都大会、全国大会と対戦は全て団体戦。
団体戦ならではのチームワークや駆け引きなど、いろいろな場面で惹きつけられました。
あわや都大会敗退の危機を机君(森永悠希)のおかげで辛うじて全国大会進出。
試合中に声を出してムードを盛り上げる肉まん君(矢本悠馬)や、いつの間にか指を負傷していた奏ちゃん(上白石萌音)など、かるた部の面々の成長する姿も確り描かれていました。

一方で新が通っている藤岡東高校でかるた部を新設する。
こちらは5人とも実力者が勢揃い。
全国大会で瑞沢高校と対戦しますが、チームとして戦う瑞沢とは対象的に、どこか個人戦感覚で戦っていましたね。

今作では千早や新よりも太一の揺れる気持ちが伝わる内容でした。
常に学年1位をキープする秀才でありながら、かるた部の部長としても部を引っ張る、いわば「何でも出来る男」。
しかし、かるたでは新という壁が立ち、その新が千早に告白したと聞かされ、そしてキープしてきた学年トップからも転落してしまい。
その後、千早に黙って部を退部してしまうが、それでも太一はかるたへの思いを断ち切れずに、自分よりも遥かに強い周防名人についていって、そして部に戻って最後の舞台で新とかるたで対決する。
ベタな展開ではありますが、まさに太一にとって「青春全部懸けた」瞬間だったのでしょう。

そういえば、太一はあらかじめメンバーで登録されていたのだろうか?
高校野球や高校サッカーのように大会前にメンバーで登録されなければ、出場は認められないと思うのだが?
そこがちょっと気になる謎でした。

現在、日本テレビ系列で深夜に「ちはやふる」のアニメを再放送しています。
平日の深夜まで起きていられないので、留守録して後で見るパターンですが・・・。
確かに広瀬すずは、原作(アニメ)の千早に全く外見が似ていないかもしれない。
でも、彼女が映画で見せたキャラ(性格)は、まさに千早そのものw
映画「ちはやふる」が、ここまで印象に残る作品になったのも千早役は広瀬すずが最も適任だったからだと思います。

また、その他の個性的な登場人物と出演者の組み合わせも非常にマッチしていました。
ここまで見事な人気漫画の実写化、そして青春映画には後にも先にもなかなか巡り会えないでしょうね。

劇中内で周防名人が「一瞬を永遠に留められることができるという事を忘れないで」と言うセリフがありましたが、まさに「一瞬を永遠に留められる」作品でした。
まだ原作は連載中との事だが、それをここまでまとめ上げて完結させた脚本も素晴らしかったです。

でも、最後にクイーンになった千早が指導者として瑞沢高校かるた部を指揮するシーンで終了しました。
そこで終わらせるのであれば、前回同様2部作にして、もう1作品仕上げても良かったのではないかと・・・。
そう思わせてしまう程、この「ちはやふる」という映画は、自分にとって名作でした。



この記事へのコメント

2018年03月21日 23:52
アニメ版は面白いですよ。
映画では尺の関係で描かれない脇役陣の活躍がたくさん見れますから。
特に高校2年生編での全国大会は必見です!
2018年03月22日 21:17
 >にゃむばななさん
アニメ版の最新作は来年放送するみたいですね。
映画版との違いをチェックしながら楽しんでみたいです。

この記事へのトラックバック

  • ちはやふる 結び

    Excerpt: ちはやふる 結び@よみうりホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2018-03-21 19:10
  • 『ちはやふる 結び』 2018年3月17日 TOHOシネマズ錦糸町

    Excerpt: 『ちはやふる 結び』 を鑑賞しました。 日本テレビでは公開前に『上の句』、『下の句』を放送していた。 【ストーリー】  瑞沢高校競技かるた部員の綾瀬千早(広瀬すず)と若宮詩暢(松岡茉優)が、全国大.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2018-03-21 19:18
  • 劇場鑑賞「ちはやふる-結び-」

    Excerpt: 「ちはやふる-結び-」を鑑賞してきました競技かるたに情熱を注ぐ高校生たちの青春を描いた末次由紀の大ヒット・コミックスを広瀬すず主演で実写映画化した2部作の続編にしてシリー... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2018-03-21 19:45
  • ちはやふる -結び-

    Excerpt:  日本  青春&ドラマ  監督:小泉徳宏  出演:広瀬すず      野村周平 Weblog: 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 racked: 2018-03-21 20:28
  • ちはやふる 結び

    Excerpt: 末次由紀の大ヒットコミックを広瀬すず主演で実写映画化した「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」の続編。広瀬すず、野村周平、新田真剣佑ら前作のキャストやスタッフが再結集するほか、新たなキャストとし.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2018-03-23 16:25
  • 映画「ちはやふる」シリーズの感想

    Excerpt: アニメ観て金曜ロードショーを一気に観て上映中のも観てきたわぁめっちゃおもろいやん Weblog: fu iのトラックバック用ブログ racked: 2018-03-23 23:27
  • ちはやふる ―結び―・・・・・評価額1800円

    Excerpt: 二度と訪れない、宝物の時。 有終の美・・・なんて言葉では全然足りない。 これは日本青春映画史、いや日本娯楽映画史を塗り替える、王道エンターテイメント大傑作。 「上の句」「下の句」からはや二年.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2018-03-24 00:30
  • 「ちはやふる -結び-」

    Excerpt: いやもう、この映画のすずちゃんは世界一かわいい! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2018-03-31 01:04
  • 95『ちはやふる 結び』4回観ても響く

    Excerpt: 瞬間を永遠に留める力が必ずある。 青春映画の金字塔完結! 『ちはやふる 結び』 ~あらすじ~ 瑞沢高校競技かるた部員の綾瀬千早(広瀬すず)と若宮詩暢(松岡茉優)が、全国大会で激.. Weblog: シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ racked: 2018-04-05 23:26
  • ちはやふる -結び-

    Excerpt: 瑞沢高校かるた部にもようやく新入部員が入り、新人を指導しながら高校3年最後の全国大会を目指す千早たち。 ところが、予選を前に突然、部長の太一が辞めてしまう。 一方、かるたから離れていた新も高校でかるた.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-04-07 12:25