平昌五輪6日目で銀3銅1

平昌五輪6日目。
スノーボード男子ハーフパイプでソチ五輪銀メダルの平野歩夢選手が2大会連続の銀メダル。
ノルディック複合ノーマルヒル個人で渡部暁斗選手も前回に続いて銀メダル。
スピードスケート女子1,000メートルでは小平奈緒選手が銀メダル、高木美帆選手が銅メダルを、それぞれ獲得しました。

男子スノーボード
日本からは平野、片山、戸塚の3選手が決勝に進出。
中でも予選で3位通過したソチ五輪銀メダルの平野選手に期待が高まる。

レースは平野選手は決勝2本目で縦2回転・横4回転のダブルコーク1440を連続で成功するなど95.25点をマークし、1本目首位のホワイト選手を上回ってこの時点でトップに立った。

しかし、決勝3本目の最終滑走でホワイト選手もダブルコーク1440を連続で決めて勢いに乗ると、その後も大技を立て続けに成功。
土壇場で平野選手を上回る97.75点で逆転の金メダル。
平野は惜しくも頂点をつかめませんでした。

午前中に行われていた競技でTVでは観られず、ネットなどで時々確認していました。
帰宅してからのハイライトを見ましたが、優勝してもおかしくない滑りだったと思います。
その平野選手の上を行ったホワイト選手も凄かった。
伊達に過去2度の五輪で優勝していないですね。

平野選手、2大会連続の銀メダルおめでとうございます。

ノルディック複合ノーマルヒル個人
ソチ五輪で銀メダルを獲得し、今季のW杯でも好調な渡部暁斗選手に悲願の金メダルが高まる複合個人。
日本勢では渡部暁斗選手の他に渡部善斗、永井、山元の3選手が出場。

まず最初に行われたジャンプで渡部暁斗は全体の3位。
トップとは6.9点差で、後半のクロスカントリーはトップから28秒遅れでスタート。

後半に行われたクロスカントリーで.渡部暁斗選手は先頭集団につけるが、ゴール手前の上り坂でドイツのフレンツェル選手に離されてしまう。
レースはフレンツェル選手が1位でフィニッシュし、3大会連続となる金メダルを獲得。
渡部暁斗選手は2位で前回大会に続く銀メダルを獲得しました。
その他の日本人選手は渡部善斗選手は12位、永井選手は14位、山元選手は33位でフィニッシュしました。

ジャンプはリアルタイムで観ておらず、クロスカントリーは途中からTV観戦しましたが、渡部暁斗選手惜しかったですね。
それにしても優勝したドイツのフレンツェル選手。
3大会連続での金メダルは凄いの一言。
10年以上もトップでい続けるわけですから。

この次はラージヒル個人が予定されています。
今度はぜひとも表彰台の一番高いところに上がってほしいです。

女子スピードスケート
日本からは小平、高木美帆、郷の3選手が1,000メートルに出場。
この種目の世界記録保持者でもある小平選手には金メダルの期待が高まるレース。

まず高木、小平の2選手の前に登場したオランダのテルモルス選手が五輪新記録をマークする快走でトップに。
そして、14組目で登場した高木美帆選手は銀メダルを獲得した1,500メートルから中1日での出場。
中1日の疲労を感じさせない滑りで、この時点で暫定2位。

その次の組で登場したのが小平選手。
アウトレーンという不利な条件だったが、途中まではテルモルス選手を上回るペース。
最後の周でラップが落ちてしまい、0.26秒差で2位。
それでも銀メダルを獲得。
高木美帆選手は3位で銅メダルを獲得し、冬季五輪史上初の日本人が複数のメダルを獲得しました。

小平選手も高木選手もベストを尽くした滑りでしたが、ここまでオランダの壁は厚かったですね。
それでも、2位と3位に日本人が入れた事は素晴らしい事です。

この後、小平選手は金メダル最有力とされている500メートル、高木選手は団体パシュートが控えています。
是非、2人とも残りの種目で表彰台の一番高い所に上がってほしいです。

女子アイスホッケー
ここまで2戦2敗のスマイルジャパン。
予選リーグ最終戦は韓国・北朝鮮の連合チーム「コリア」との対戦。

試合は開始早々に日本が1点を先制し、2分後にも追加点を挙げて開始3分で2点をゲット。
第2ピリオドでは相手に1点を返されて1点差とされたが、第3ピリオドに2点を追加してダメ押し。

試合は日本が4-1で勝利。
日本女子アイスホッケーは、オリンピック13試合目にして悲願の初勝利を飾りました。

スウェーデン、スイスを相手に連敗してしまった日本。
今度の相手は急造チームだけに負けるわけにはいかなったけど、いざ試合をしてみると完勝でしたね。
日本と韓国のランキングを比較しても日本有利なのには変わりませんからね。

20年前の長野五輪では5戦全敗。
前回のソチ五輪でも未勝利で終えて、今回は3度目の五輪となる日本女子アイスホッケー。
13試合目にしての初勝利の味は格別だった事かと思います。

この後は順位決定戦が控えています。
次の試合にも勝って、いい形で締めくくってほしいです。



この記事へのトラックバック