FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 貴乃花親方が落選

<<   作成日時 : 2018/02/02 21:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大相撲の役員候補選挙において貴乃花親方が落選。
大相撲界の体質は依然として変わらないという事ですね。

日本相撲協会は2日、東京・両国国技館で役員候補選挙を実施した。全親方101人による投票が行われ、苦戦が予想された貴乃花親方(45=元横綱)は落選した。
定数10の理事候補選には11人の親方が立候補し、5期連続の投票に持ち込まれた。選挙前は9票前後が当選ラインとみられ、貴乃花一門は所属する親方8人+無所属の親方3人による基礎票が合計11票。同一門からは阿武松親方(元関脇益荒雄)と貴乃花親方が立候補し、2人の当選は難しいと見込まれていた。(日刊スポーツ)

昨年から次々と明るみになっている大相撲界の不祥事。
中でも日馬富士の暴力行為による引退騒動から貴乃花親方が理事を解任され、日馬富士の師匠にあたる伊勢ケ浜親方は辞任。

今年に入ってからも春日野部屋で数年前に兄弟子による暴行が発覚するなど、かつてのリンチによる死亡事故から何も変わっていない事を露呈した大相撲界。
今回の選挙でも貴乃花親方の当選は難しいかなと思っていましたが、あまりにも世論とかけ離れた結果に呆れるを通り越して笑うしかありません。
勿論、苦笑いですが。

理事長らしい事を何一つしていない八角理事長。
問題の多い春日野親方が平気で立候補して何事もなかったかのように当選する。
そういえば週刊誌で報じられている八百長の口止めっていうのは本当なんでしょうか?

それにしても、世間とここまでズレている団体も珍しい。
日本相撲協会は公益財団法人の認定を取り消すべきだと思う。
こんな腐った組織に公益財団法人を与えられる刺客なんてありませんよ。


大相撲力士名鑑 平成三十年版
共同通信社
京須利敏・水野尚文
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大相撲力士名鑑 平成三十年版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
貴乃花親方が落選 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる