大杉漣さん死去

俳優の大杉漣さんが急性心不全で亡くなりました。
あまりにも突然の出来事に今でも信じられません・・・。

映画「ソナチネ」、テレビドラマ「バイプレイヤーズ」など、渋い脇役として数多くの作品に出演した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名大杉孝〈おおすぎ・たかし〉)さんが21日午前3時53分、急性心不全で亡くなった。66歳だった。所属事務所が21日発表した。葬儀は親族で行う。
徳島県小松島市生まれ。演劇活動から映画デビューし、93年に北野武監督の「ソナチネ」で注目を集めた。16年の映画「シン・ゴジラ」では総理大臣役を務めた。放送中のテレビ東京系のドラマ「バイプレイヤーズ もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら」にも出演。同社によると、同ドラマ撮影後の20日深夜、腹痛を訴えて病院に運ばれていたという。(朝日新聞)

訃報を知ったのはオリンピック中継を観ている最中にTwitterをチェックした時。
その日は「相棒」、「バイプレーヤーズ」と出演中のドラマの放送日だっただけに、余計に信じられない気持ちでした。
実際に「バイプレーヤーズ」を視聴していると、本当に亡くなったのかと疑心暗鬼にもなります。

大杉さんが亡くなったのは「バイプレーヤーズ」の撮影中に腹痛を訴えて病院に運ばれた後。
共演者に見守られながら息を引き取ったというのだから、最後の最後まで役者を貫き通したのですね。

あと、大杉漣さんと言えばJリーグの徳島ヴォルティスのサポーターとしても有名でした。
徳島ヴォルティスの試合がある日がスタジアムにまで応援に駆け付けたというのですから。
今週末からJリーグが開幕しますが、現在J2に所属ヴォルティスにとっても負けられない試合になりますね。

それにしても享年66歳というのは、あまりにも早すぎます。
4月からスタートする連ドラにも出演が決まっていたし、果たして誰を代役に立てるのでしょうか?
今でも受け入れられない気持ちは強いけど、謹んで大杉漣さんのご冥福をお祈りいたします。


現場者―300の顔をもつ男
マガジンハウス
大杉 漣
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 現場者―300の顔をもつ男 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック