FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ホークス 3連勝で一気に王手

<<   作成日時 : 2017/10/31 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年日本シリーズ。
今日から舞台を横浜スタジアムに移して、横浜DeNAベイスターズvs福岡ソフトバンクホークスの3戦目。

福岡での2連戦はホークスの連勝スタート。
ベイスターズは地元・横浜に戻って巻き返せる事が出来るのか?
先発はホークス・武田、ベイスターズ・ウィーランドの両投手。

試合はホークスが初回に先頭の柳田選手がヒットで出塁して三塁まで進塁し、4番・内川選手のタイムリー二塁打で先制のホームイン。
これでホークスが3試合連続で初回に先制点。
4回にも高谷選手の2点タイムリーで3−0とリードを広げる。

対するベイスターズは4回裏にロペス選手のソロホームランで1点を返す。
6回には二死満塁から倉本選手のタイムリー内野安打で1点差に詰め寄る。

ベイスターズは第1戦に先発した井納投手を投入して追い上げ態勢を作ろうとしたが、7回以降はホークスの継投の前に沈黙。
最後はサファテ投手の前に三者凡退に抑えられて試合終了。

舞台を横浜に移した第3戦もホークスがベイスターズに勝って、これで対戦成績は3勝0敗。
2年ぶりの日本一へ一気に王手をかけました。

今日の試合はTBSの地上波中継のみだったので、TBSでTV観戦。
19年ぶりの日本シリーズとあって、横浜スタジアムも横浜の街も熱気に包まれているのがTVからでも充分に伝わりました。

ホークスにとっては守備に不安のあるデスパイネ選手をレフトでスタメン起用。
本職のレフトなら問題なく捌いていた当たりをヒットにしましたが、それ以外は問題なかったですね。

試合はベイスターズの方が見せ場を多く作っていましたが、結果は負け。
初回に制球が定まらない武田投手から2つの四球を選びながらも2つの盗塁失敗で相手を楽にして、その後も得点圏に何度か走者を出しながらも2点を返したのみ。
今シーズンのホークスの強さは投手を中心とした守りにあるのですが、今日の試合でも堅守で逃げ切った感じでした。

これでベイスターズは、もう1つも負けられなくなりました。
過去2度の日本シリーズでは本拠地で全勝だった神話も崩れてしまい、もうジンクスだのどうこう言える状態ではないですね。
第4戦で先発が予想されるルーキーの濱口投手がホークスの打線を相手に、どこまでシーズン中のような投球が出来るかがカギを握りそうです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SoftBank HAWKS(ソフトバンクホークス) 2017応援タオル(1内川) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ホークス 3連勝で一気に王手 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる