衆院選は自民党圧勝 300議席超へ

昨日に行われた衆院選は自民党の圧勝。
過半数の議席を獲得する事が確実となりました。

第48回衆院選は22日投開票され、与党は、自民党の追加公認3人を含め、総定数465のうち憲法改正の国会発議に必要な3分の2にあたる310議席を超えた。
自民党は、単独でも国会を安定的に運営できる絶対安定多数(261)を上回り、圧勝した。安倍首相(自民党総裁)は、争点に挙げた北朝鮮への圧力強化などに国民の信任が得られたとして、第4次内閣を発足させる。立憲民主党は躍進し、野党第1党となった。希望の党は敗北した。小選挙区選の投票率は、読売新聞社の推計で53%前後となり、2014年の前回(52.66%)とほぼ同じ水準となった。(読売新聞)

自分の昨日は強い雨風の中、午前中に投票所に行ってきました。
台風が接近しているという事もあって、土曜日に期日前投票にしようかと思っていたのですが、Twitterなど見てみると、各地で期日前投票に長蛇の列が出来ているという事でやめておいて、当日の投票にしておきました。

結果はというと、予想通りの自民党圧勝。
7月の都議選では大敗を喫した自民党が、今回の衆院選では圧勝。
自民党が選ばれたというよりは、野党が選ばれるに値しなかったというのが国民の答えだったと思います。

小池都知事が起ち上げた希望の党も目標に届かず。
自民党どころか立憲民進党にも議席数で及ばなかったのだから惨敗と言っていいでしょう。
そして、小池代表はというとパリで記者会見。
こんな時にパリにいるなんて、最初から勝つ気がなかったのでは?
それとも、公示前からパリに行く予定でも入っていたのでしょうか?

いずれにしても安倍政権はこれからも続く事になりました。
憲法改正や消費増税など進めていく事になるのでしょうけど、森友・加計学園問題や、自民党議員の問題行動などは解決されたわけではありません。
決して、今の地位が安泰ではない事を肝に銘じて政治運営を行ってもらいたいです。


日本の決意
新潮社
安倍 晋三
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の決意 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック