映画「チア☆ダン」

映画「チア☆ダン」を鑑賞しました。(サブタイトルが長すぎるので割愛)

この映画は、2009年に福井県の高校チアリーダー部が、アメリカのチアダンスの大会で優勝した実話をベースにした青春ムービー。
軽い気持ちでチアダンス部に入部した女子高生が、厳しい顧問や個性豊かな部員たちと一緒に全米大会制覇を目指す作品。

ストーリーは、友永ひかり(広瀬すず)は、県立福井中央高校に入学する。
中学からの同級生である山下孝介(真剣佑)を応援したいと思った彼女は、チアダンス部に入る。だが彼女を待ち構えていたのは、アメリカの大会制覇に燃える顧問の女教師・早乙女薫の厳しい指導と練習だった。
先輩たちが次々と辞めていく中、同級生のチームメート玉置彩乃(中条あやみ)と切磋琢磨しながらチアダンスに打ち込むひかり。
チームは一丸となってトップを目指していく。

甲子園の常連校としても有名な福井県立福井商業高校。
その福井商のチアダンス部にまつわる実話を基にした作品という事で鑑賞してみる事にしました。

主人公の友永ひかりは、軽い気持ちでチアダンス部に入部するが、そこで待っていたのは顧問の厳しい指導と壮大な目標。
ひかり達チアダンス部員は何度か壁にぶつかりながらも目標に向かって突き進むのは、いわばスポ根ものに分類されますかね。

3年間しかない高校生活。
その3年間のチアダンス部が歩んできた過程を確り描けていましたね。
細かいエピソードを羅列する前半は深みにかける部分が見られましたが、後半はグッと盛り上げてくれました。

この映画に出演するにあたりチアダンス部員を演じた女優達も相当な努力をしたと思います。
ひかりのように、当初は柔軟運動もまともに出来なかったのが、努力を重ねるにつれ足を高く上げられるようになっていた。
あそこまで激しいダンスを繰り広げたり、足を高く上げられるなんて、並大抵の努力では出来ませんよ。

チアダンス部員達の努力だけでなく、終盤には早乙女先生のエピソードも絡めたのがポイント。
生徒達には厳しく接し、時には突き放す場面もあったが、誰よりも部員の事を見ていた。
「ダメなのは私だけなんです。」とコーチとして呼んだ大野(陽月華)に語るシーンが印象的でした。

そんな部員や顧問の努力も報われてアメリカへの大会出場を果たし、予選はギリギリで通過する。
しかし、優勝が目標である以上は、現状のやり方では勝てないと感じた早乙女先生はある決断を下す。
その決断は部員達にとって辛いものでしたが、勝つ為には何かを変えなければいけない。
その何かに懸けた早乙女先生の思いに応えて目標を成し遂げたシーンは誇張抜きに感動ものでした。

モデルとなった福井商のチアダンスは全米で5連覇を達成しました。
エンドロールで福井商チアダンス部を最後に紹介していた事も良かったし、大原櫻子が主題歌もグッときました。


ひらり (初回限定盤A)
ビクターエンタテインメント
2017-03-08
大原櫻子
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ひらり (初回限定盤A) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック