映画「サバイバルファミリー」

映画「サバイバルファミリー」を鑑賞しました。

この映画は、矢口史靖が原案、脚本、監督を務めて放つサバイバルドラマ。
電気が消滅し人々の生活が危機を迎えた世界を舞台に、生き残りを懸けて東京脱出を試みる家族の姿を描く作品。

ストーリーは、鈴木家は、父・義之(小日向文世)、母・光恵(深津絵里)、息子の賢司(泉澤祐希)、娘の結衣(葵わかな)の4人家族。
ある朝、目を覚ますと突然全ての電化製品が停止しており、鈴木家だけでなく近所中で同じことが起きていた。
さらに電車も車もガスも水道も止まってしまい、家族全員途方に暮れる。
そこで義之は、東京から出ようと決断するが。

「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」でお馴染みに矢口史靖監督の作品。
今回は家族を軸に描いた作品。
主人公の名字は矢口作品らしく「鈴木」ですねぇ(笑)

ある日、地球上から突然電気が消え、ガスや水道といったあらゆるライフラインがストップ。
電車も自動車も動かない中での生活が始まるなど、荒唐無稽なようで切実で現実味があるテーマですね。

ライフラインの寸断は、阪神大震災や東日本大震災、そして昨年の熊本地震などでも経験されている人が多いかと思います。
しかし、上記の災害では被災していない地域から救援物資を届けたりする事が出来て助け合ってきたが、この作品では世界中の電気が使えなくなってしまった。
しかも連絡手段まで寸断されているので、電気の復旧見込みすら立たない。
数100年前昔の生活に戻ったと言えばそれまでですが、もし、映画みたいな出来事が実際に起きてしまったらと考えると想像しただけで空恐ろしくなります。

いつまで経っても復旧のメドが立たない事で鈴木一家は母・光恵の実家でもある鹿児島まで自転車で向かおうとする。
自転車で高速道路を走り抜け東京を脱出したのもつかの間。
水も食料も尽き、川の水を飲み、草や虫まで口にする極限状態の日々。
まさに「サバイバルファミリー」と言った展開・・・。
CGに頼らずオールロケで行ったからこそ、リアリティが滲み出ました。

鈴木一家は冒頭から家族として成り立っておらず。
父は子供達に対しての呼び方が「おい」とか「お前」。
子供達も父に対して「お父さん」という言葉が出て来ない。
初めて「お父さん」の言葉を聞いたのは、大阪に着いた辺りからだったかな。

何も出来ない父に対して息子と娘は批判するが、そこに仲裁に入った母の一言。
「分かっていた事じゃない、お父さんがこういう人だって事!」のセリフが実に重く家族たちの間に響いた事でしょう。

そんな冷めきっていた家族関係も、次第に支え合う家族に変わっていく。
ベタな話ではありますが、そういう関係に改善するまでの過程が巧く描写されていたと思います。

結局、鹿児島に到着した後も電気が使えないまま2年半を迎えるが、ある日、突然、電気が復旧してTVも見られるようになる。
世界規模の停電の原因は不明というニュースで報じられていましたが、やはり連絡手段まで寸断されていた以上、原因がわからないのは当たり前なのかもしれませんね。

この映画の為に東名高速といった高速道路を封鎖したとの事で、矢口監督も、この作品に懸ける気持ちが強かった事が伺えます。
自分も出来れば高速道路を自転車で走ってみたいですよ。

この作品を観終わった後で、すごく気になった事がありました。
それは置き去りにされた近所の犬のその後。
復旧までに2年かかっったのだが、その間、置き去りにされたままだったのでしょうか?
本当に、そこが気になって仕方ありませんでした。


サバイバルファミリー
集英社
矢口 史靖
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サバイバルファミリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • 劇場鑑賞「サバイバルファミリー」

    Excerpt: サバイバル生活の果てに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702140001/ 映画.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2017-02-18 20:57
  • サバイバルファミリー

    Excerpt: 評価:★★★☆【3.5点】(11) こういう映画こそ、本ブログサブタイトルそのものだわ(笑) Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2017-02-18 21:01
  • サバイバルファミリー

    Excerpt: 公式サイト。矢口史靖監督、小日向文世、泉澤祐希、 葵わかな、深津絵里、時任三郎 、藤原紀香、大野拓朗 、志尊淳、渡辺えり 宅麻伸、 柄本明 、大地康雄、 菅原大吉、徳井優、桂雀 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2017-02-18 21:27
  • 「サバイバルファミリー」:もう一つの「復活の日」

    Excerpt: 映画『サバイバルファミリー』は矢口史靖監督らしい目の付け所でワンアイディアを展開 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2017-02-18 22:02
  • 『サバイバルファミリー』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「サバイバルファミリー」□監督・脚本 矢口史靖□キャスト 小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな、菅原大吉■鑑賞日 2月11日(土)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cy.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2017-02-19 14:59
  • 「サバイバルファミリー」電気消滅!その時、あなたは?

    Excerpt: [矢口史靖] ブログ村キーワード  「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖 監督待望の新作。「サバイバルファミリー」(東宝)。突然電気消滅!その時、あなたならどうする? .. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2017-02-19 21:04
  • 『サバイバルファミリー』

    Excerpt: 電気がつかなければ、つけた知恵を使えばいい。 あれ?矢口史靖監督作品なのになぜか笑いが少ないぞ。声を出して笑えるようなコメディではなく、結構マジメに映画を撮っているじ ... Weblog: こねたみっくす racked: 2017-02-20 23:56
  • サバイバルファミリー

    Excerpt:  『サバイバルファミリー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編を見て面白いと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、東京の夜景が映し出され、救急車のサイレンなどの騒音.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2017-02-21 21:12
  • サバイバルファミリー・・・・・評価額1700円

    Excerpt: 世界から“電気”が消えたなら。 毎回作品のモチーフ選びがユニークな矢口史靖監督が、今回俎上に上げるのは突然電気が消滅してしまった世界。 全ての都市機能が止まった東京から脱出し、生きるために最果.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2017-02-24 22:19
  • No.561 サバイバルファミリー

    Excerpt: 「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が、原因不明の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。東 ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2017-02-26 22:19
  • 「サバイバルファミリー」電気を失った世界でみた生きる為に必要な生活の知恵と家族の絆

    Excerpt: 「サバイバルファミリー」はある日突然原因不明の停電により全ての電気が使えなくなった世界で現代の普通の家族が生きる為に繰り広げられるサバイバル生活が描かれるストーリーで ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2017-03-10 06:10
  • サバイバルファミリー

    Excerpt: 2017年 日本 117分 コメディ/パニック/SF 劇場公開(2017/02/11) 監督: 矢口史靖 『ロボジー』 原案: 矢口史靖 脚本: 矢口史靖 主題歌: SHANTI『Hard Ti.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2017-11-09 15:50
  • サバイバルファミリー (2017)

    Excerpt: 現在、朝ドラのヒロインしてる、葵わかなが、娘の女子高生に扮していて、よく似合ってました。(願わくば、彼女には、もうしばらく、この路線を!)目の付け所的には、面白かったのですが、個人的に、矢口史靖として.. Weblog: のほほん便り racked: 2017-12-30 17:37