映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を鑑賞しました。

この映画は、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが映画の脚本に初参加したファンタジー。
不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法動物学者が、そのうち数匹を逃がしたことから始まる大騒動を描く作品。

ストーリーは、魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。
ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。

「ハリー・ポッター」の新シリーズ。
配役も変わったとの事で、これまでのシリーズとは別物という考えで劇場鑑賞する事にしました。

このストーリーの舞台は1920年代のニューヨーク。
主人公となるニュート・スキャマンダーは、後にハリーらが魔法学校で読む教科書の著者となる魔法使い。
そのニュートのトランクから魔法動物が逃げ出したところから、この物語が始まっていきます。

話の展開がわかりにくかった部分はありますが、これまでの「ハリー・ポッター」シリーズの世界観そのままの流れで構成されていたと思います。
一方で、大人も楽しめる作品がPRだったけど、やはり、「ハリー・ポッター」シリーズは児童文学作品。
どことなく登場人物も子供っぽく見えてしまい、そこが自分としては物足りなく映ってしまった部分ではあります。

しかし全体的な感想としては奇想天外なストーリーで面白いといえば面白かったですよ。
人間界に逃亡してしまった魔法動物も個性的だったし、その魔法動物にニュートらが振り回され続けるシーンもおかしかった。

魔法動物を捕獲するシーンもコメディタッチでしたね。
宝石店の器物を破損したり、魔封波のごとくポットに封印したりetc・・・

魔法を使って戦っていく展開は「ハリー・ポッター」シリーズから観ている人としては堪らないのだけれど、何だか主人公である筈のニュートの存在感が薄かったのは否めませんでしたね。
実際に魔法を使うシーンも少なかったし。
もっとも、作品名が「ファンタスティックビースト」となっているので、本来の主役は魔法動物と言う事になるのでしょうか?

新シリーズという事なので、今後もニュートを中心とした新たな「ハリー・ポッター」シリーズとして公開される事かと思いますが、次回作以降は、ニュートが今作以上に活躍するシーンが多くなる事を期待していきたいと思います。


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』魔法映画への旅
ハーパーコリンズ・ ジャパン
マーク ソールズベリー
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』魔法映画への旅 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック