成宮寛貴 突然の芸能界引退

俳優の成宮寛貴が今日突然の芸能界引退を発表。
写真週刊誌「FRIDAY」による報道で、いろいろと憶測が飛び交う中での引退発表。
何だか驚きを通り越して言葉が出てきません。

本人の直筆メッセージも報じられていて、それが以下文面になります。
全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。

この仕事をする上で人には絶対に知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続けることに言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。

今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けるとおもうと、自分にはもう耐えられそうにありません。

今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき関係者や身内にこれ以上の迷惑をかける訳にはいかない。少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません。

元々何もない自分をここまで育ててくださった関係者の皆様本当にありがとうございました。応援してくださったファンの皆様、こんな形で去っていく自分を許してください。

本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました。

2016.12.8 成宮寛貴

今日発売のFRIDAYで先週に続く第2弾が掲載されていたのを新聞の広告で見ましたが、元々自分は写真週刊誌は読まないし買わないので、記事の内容は一切目を通していません。
しかし、もし本当にコカインを吸引していたとしたのであれば、その写真を売った人間も、一緒にコカインを吸引していた共犯という事になるのではないでしょうか?

その成宮寛貴ですが、尿検査の結果で薬物は陰性だったということも発表されています。
ただし、尿検査というのは日数が経過すれば効き目がないようなので、毛髪検査でもやって身の潔白を完全に証明すべきではないかと思っています。

ちなみに、今日12月9日は30年前にビートたけしがたけし軍団を引き連れて講談社に乗り込んだ「フライデー襲撃事件の日」。
この事件を境に、当時は何でもありだった写真週刊誌の報道姿勢も見直しを余儀なくされたのですが、30年後になって、この事を蒸し返されてしまうのもFRIDAYの記者達もやってられないのではないでしょうか。
それとも30年経過しているから、当時を知る記者も残っていないかな?

正直、FRIDAYの事などどうでもいいが、成宮寛貴本人のコメント内に「消えてなくなりたい」と言っていたのが気がかりです。
自殺なんてしなければいいのだが・・・。
あと、FRIDAYは事実だと言い張るのであれば、今回の報道で使用したデータを全て警察に提出しろと言いたいですね。
コカインを吸う事は紛れもない犯罪なのだから。

この記事へのトラックバック