東北、関東で早朝に強い地震

今日の早朝に福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震が発生。
津波もところどころで発生するなど、あの日を思い出してしまうような朝でした。

22日午前5時59分頃、福島県沖を震源とする地震があり、福島県白河市、いわき市、栃木県大田原市などで震度5弱を観測し、仙台市の仙台港では東日本大震災以降、最大となる1.4メートルの津波が到達した。津波は東北から関東の広い地域でも観測された。
22日午後8時現在、震度3~1の余震が59回発生。活発な地震活動が続いており、気象庁は「揺れの強かった地域では、今後1週間程度は同規模の地震に注意してほしい」と呼びかけている。(読売新聞)

普段、自分は6時前には起床しているので、地震が発生した午前5時59分には起きていました。
最初は強い揺れだなと思った程度でしたが、揺れがいつまでも続いていて、揺れの強さも増していた事から、5年前のあの日が嫌でも頭によぎってしまいました。

今朝のニュースはどこも地震と津波の危険がある事を伝えるニュースばかり。
NHKの「津波警報!逃げて!!」 の字幕が出ていて、民放に切り替えても内容は同じ。
津波もそうだが、鉄道などの情報がほしかったのが本音です。

自分の利用する京浜東北線は大きな遅れもなく動いていましたが、常磐線や宇都宮線などといった東北地方の鉄道と繋がっている路線では、駅のホームが人でごった返すなど、いろいろと大変だったみたいです。

実際に各地に津波も到達し、船も転覆するなど影響もあったようですが、犠牲者が出ていなかった事には安堵しています。
あんな津波は、もう見たくないですからね。

先週の土曜日には三重県を震源とした強い地震があり、今月中旬にもニュージーランドで強い地震と津波が発生。
そして、今日は東北、関東で強い地震と津波。
また地震の回数が増えてきましたね。
今日の地震のマグニチュードだって阪神大震災クラス。
日本に住んでいる以上は、地震には常日頃から注意が必要です。

この記事へのトラックバック