映画「怒り」

映画「怒り」を鑑賞しました。

この映画は、吉田修一のミステリー小説を、李相日監督が映画化。
現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に三つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体をめぐり、疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描いた作品。

ストーリーは、八王子で起きた凄惨な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。
洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。
洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まる。

作品の舞台となっているのは千葉、東京、沖縄の3箇所。
各所に登場する人物が何の接点もなく、最後まで出会う事もないのですが、1つの事件によって3つの物語は1つの糸で結ばれてくる。
原作は読んでいないのですが、この各パートを要所要所でシャッフルしながら話を進める捻りを利かせたストーリー構成は「見事」の一語に尽きます。

3つの物語に共通する点は、素性のわからない男と出会い関係を深めていく事、
しかも、3人の男は八王子で起きた殺人事件の容疑者の手配写真とどこか似ているという事。
言われてみれば、3人とも細長い目という特徴を持っていましたね。

果たして誰が整形した指名手配中の犯人なのか?
自分が当初予想していた人物ではなかったですが、ある人物がストーリーが進むにつれて態度が豹変する様子を見て「まさか」と感じ、そして最後の最後で顔を変えてまで逃亡していた指名手配中の容疑者の正体が判明した時は「結局はそういう事だったのか」と・・・。
しかも、最悪な形で決着してしまった事で、余計に後味の悪さだけが自分の中で残ってしまいました。

豪華キャストが勢揃いした作品だけあって中身も濃く仕上がっていましたね。
中でも宮崎あおいと森山未來の演技がインパクト大でした。
この映画で宮崎あおいは7キロ増量したらしいけど、とても、そこまで増量したようには見えなかった。
もしかして、7キロ増やして人並みって事?

タイトルになっている「怒り」。
それは登場人物によって違った意味を持つ怒りとして描写されてきます。

娘が好きになった男を信じられなかった事に対する自分への怒り。
殺人犯と誤解してしまった事に対する自分への怒り。
信じていた男に裏切られた事に対する怒り。
そしてラストシーンにあった誰もいなくなってしまった事に対する怒り。
「怒り」という感情表現も人それぞれなんですね。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「怒り」オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • 「怒り」情報を知って疑念を抱いた先にみた情報を信じ込む先に潜む真実から遠ざける疑念の先にみる真実を知って後悔の念に駆られる怒り

    Excerpt: 「怒り」は八王子で起きた凄惨な殺人事件から3つのストーリーが展開し、その事件によって翻弄される3つストーリーの登場人物たちが翻弄されていく事になるストーリーである。1 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-09-26 23:06
  • 『怒り』

    Excerpt: 彷徨い続けるこの怒りをどこへ向ければいいのだろうか。 2007年に起きたリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件を基軸に、感情の中でもっともエネルギーを要する「怒り」に焦点を当 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-09-26 23:16
  • 怒り~沖縄問題とLGBTごった煮されても

    Excerpt: 公式サイト。吉田修一原作、李相日監督、坂本龍一音楽。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、宮崎あおい、妻夫木聡、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-09-26 23:22
  • 『怒り』 2016年9月6日 よみうりホール

    Excerpt: 『怒り』 を試写会で鑑賞しました。 このキャストであれば納得の出来栄えです。 【ストーリー】  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2016-09-26 23:23
  • 怒り (試写会)

    Excerpt: 犯人は 今いずこあなたは殺人犯? 公式サイト http://www.ikari-movie.com9月17日公開 原作: 怒り (吉田修一著/中央公論新社)監督: 李相日  「フラガール」 「悪人」 .. Weblog: 風に吹かれて racked: 2016-09-26 23:24
  • 「怒り」@東宝試写室

    Excerpt:  Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会。客席は満席。           映画の話  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解.. Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2016-09-26 23:26
  • 怒り

    Excerpt: 「悪人」(10)の原作・吉田修一✖︎李相日(り・さんいる)監督再びタッグ。 「悪人」はそんなに好きじゃなかったけど、気になってたので初日に鑑賞。 随分とまた豪華キャスト揃えたなーと思っ.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2016-09-27 00:03
  • 怒り・・・・・評価額1750円

    Excerpt: 愛した人のことを、本当に知っていますか? 「悪人」の、李相日と吉田修一のタッグ再び。 一件の殺人事件から始まる物語は、一年後に三つに枝分かれ。 東京、千葉、沖縄に忽然と姿を現した三人の男を巡.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-09-27 01:17
  • 劇場鑑賞「怒り」

    Excerpt: “信じる”ということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201609180000/ 「怒り.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-09-27 05:47
  • 怒り

    Excerpt: 怒り@一ツ橋ホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-09-27 07:02
  • 怒り

    Excerpt: しんどい。 人間ってしんどいよ。(´;ω;`)ブワッ だが希望はある!(´・ω・)キリッ Weblog: Akira's VOICE racked: 2016-09-27 10:06
  • 怒り ★★★★

    Excerpt: 「悪人」の李相日監督が再び吉田修一の小説を原作に、実力派俳優陣の豪華共演で贈るヒューマン・ミステリー・サスペンス。残忍な殺人事件が発生し、犯人が逃亡して1年後、千葉・東京・沖縄に現われた前歴不詳の若い.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-09-27 20:36
  • 収まらない感情。『怒り』

    Excerpt: 現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄に現れた身元不明の男性を取り巻く人間模様を描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2016-09-27 20:41
  • 怒り

    Excerpt:  『怒り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)同じ原作者の小説を同じ監督が手掛けた『悪人』(2010年)がなかなか良かったので、本作もと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-09-30 21:13
  • 『怒り』('16初鑑賞88・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:35の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-09-30 21:29
  • 映画『怒り』観た

    Excerpt: 原作は未読。 きっと今後も読まない。 李相日監督の『悪人』が評判良かったのに、観てないことをちょっと後悔してて、 今作はそれ以上のものを作るっていう意気込みだそうで、 じゃ、今回は.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2016-09-30 22:35
  • 怒り

    Excerpt: 2016/09/17公開 日本 PG12 141分監督:李相日出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝 、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-10-03 16:22
  • 疑い、そして・・・

    Excerpt: 4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 東京・八王子で起こった残忍な殺人事件 犯人は現場に「怒」という血文字を残し 顔を整形し逃亡した。それから1年後 千葉 洋平と娘の愛子の前に田代という青.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-12-10 17:10
  • 「怒り」

    Excerpt: 人は人を信じ切ることができるのか。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2017-10-31 22:03