まさかが起きた甲子園

甲子園は大会8日目。
今日は注目のカード、注目の選手が目白押しという事もあって第1試合から甲子園は満員に膨れ上がりました。

第3試合は東邦(愛知)vs八戸学院光星(青森)。
試合は八戸学院光星が優位に試合を進め、東邦のエース・藤嶋投手を3回途中でKO。
代わった2番手投手からも着々と加点して7回表を終了して9-2と7点リード。

しかし、ここから東邦が猛追を開始。
7回には4番打者でもある藤嶋選手のタイムリーなどで2点を返し、8回にも1点を返して4点差まで詰め寄り、試合は9回裏へ。


東邦は一死二塁から3番・松山選手のタイムリーで、まず1点。
4番・藤嶋選手が凡退して2アウトとなったが、5番と6番の連打で1点を返して2点差。
更に続く高木選手が左中間を真っ二つに破るタイムリー二塁打で2人の走者が生還し、ついに東邦が同点。
勢いに乗った東邦は、続く鈴木理央選手もレフト前にヒットを打って勝負あり。

東邦が9回裏に一挙5点を取って、最大7点差を引っ繰り返す大逆転サヨナラ勝ち。
3回戦にコマを進めました。

野球は9回2アウトから。
さっきまで試合をしていたQVCマリンでのプロ野球の試合でも似たような展開でのサヨナラ劇がありましたが、本当に最後まで何が起こるかわからないを証明してくれた試合でした。

東邦の9回裏の攻撃が始まった時から、球場中が東邦の味方をしているかのような大歓声が。
球場中がアルプスの東邦の応援につられるかのようにタオルを回している光景は、昨年の決勝戦での仙台育英に球場中が応援しているのと同じ雰囲気を感じました。

逆に八戸学院光星の桜井投手が気の毒でした。
試合後に「全体が敵なんだ」といったコメントを残していましたが、まさにそんな感じでしたね。
高校生は、あの異様な雰囲気の中で平常心で投げるのは難しい。

優勝候補同士の第4試合は履正社(大阪)が横浜(神奈川)に勝利。
プロ注目の履正社・寺島投手が強打の横浜打線を1点に抑える好投が光りました。
おそらく今秋のドラフトでは1位で消えると思います。

横浜としては守っている時に長い中断に見舞われてしまったのも不運でしたが、先発を藤平投手ではなく左腕の石川投手を起用したのもどうかなと思いました。
いくら履正社が左打者中心と言ってもねぇ。
石川投手も確かにいい投手ですが、試合前に先発投手を聞いた時は「横浜が負ける」と思いました。

リオ五輪に話題が集まりがちですが、今年の甲子園も熱戦の連続。
明日でベスト16が出揃いますが、ここからが面白くなっていきますよ。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 横浜高校野球部 白球の軌跡 (高校野球名門校シリーズ ハンディ版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック