リオ五輪9日目

リオ五輪は9日目。
日程もほぼ半分を消化しました。

テニス
準決勝に進出した錦織選手。
対戦相手はイギリスのマリー選手。

試合は第1セット6-1、第2セット6-4とマリー選手のストレート勝ち。
敗れた錦織選手は銅メダルをかけて3位決定戦に臨む事になりました。

昨晩、錦織選手の試合をTV観戦しましたが、あっという間に終わってしまいましたね。
やはり準々決勝の死闘による疲労も残っていたのでしょう。
単に勝ったマリー選手の方が強かったのもありますが。

3位決定戦の相手はスペインのナダル選手。
これまで両者成績では錦織選手が大きく負け越している分の悪い相手。
しかし何が起こるかわからないのがオリンピック。
残り1試合、錦織選手の最高のプレーを見せてくれれば結果はついてくると思います。

水泳
競泳も競技最終日。
最終種目となる400m個人メドレーで日本が4大会連続表彰台をかけて決勝進出。

予選を3位通過した日本は第3レーン。
出場選手は入江、小関、中村、藤井の4選手。

レースの結果はアメリカが独走で金メダル。
これでバタフライの第3泳者として泳いだフェルプス選手は23個目の金メダルを獲得。
2位はイギリス、3位はオーストラリア。

日本は6位でフィニッシュしたが、中国の失格により5位に繰り上げ。
4大会連続の表彰台とはなりませんでしたが、それでも5位入賞を果たしました。

先の800メートルリレーでメダルを獲得していたので、メドレーリレーでも期待していたのですが、残念ながら5位。
それでも5位は立派な成績です。

しかし、人選に疑問を感じたのも事実。
今回のメンバー4人は個人では表彰台に立てていない選手。
正直、第1泳者の入江選手が強豪国と差がついてしまった時点で3位以内は難しいなと思いました。
それと、やはり北島康介選手の偉大さを改めて感じる結果になりましたね。

これで競泳は全種目が終了。
世代交代を感じる五輪になりましたが、今回出場した若手選手には4年後の東京五輪で更なる飛躍をしてほしいです。


Kei Nishikori meets Nujabes
Universal Music =music=
2016-02-24
オムニバス
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Kei Nishikori meets Nujabes の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • リオデジャネイロ五輪 メダル中間集計

    Excerpt: 昨日13日までのメダル獲得数、内訳は次の通り。 金 7、銀 3、銅 14  計 24            金  銀  銅  柔道男子     2  1  4   女子     1     4 .. Weblog: ぼけ~~~っと人生充電記! racked: 2016-08-14 21:29