相模原で障害者施設19人刺殺

今日の深夜に神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設で殺傷事件が発生。
19人が死亡するという、とんでもない事件が起きてしまいました。

26日午前2時45分頃、神奈川県相模原市緑区千木良の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」の職員から「ナイフを持った男が侵入した」と110番があった。
津久井署員が駆けつけると、多数の入所者らが首や腹を刺されていた。市消防局によると、19人が死亡、26人が重軽傷を負った。午前3時過ぎ、近くに住む男が「自分がやった」と同署に出頭し、県警は殺人未遂と建造物侵入の疑いで緊急逮捕し、殺人容疑でも調べる。
逮捕されたのは、同施設元職員の植松聖容疑者(26)。県警の発表では、「ナイフで刺したのは間違いない」と容疑を認めている。捜査関係者によると、「障害者なんていなくなればいいと思った」という趣旨の供述をしているという。(読売新聞)

当ブログは通常殺人事件は記事にしない方針なのですが、今回の事件はあまりにも前代未聞であって衝撃度も大きくスルーできない事件だったので、あえて記事にします。
テロ以外の殺人事件を記事にするのは2008年の秋葉原の無差別殺人以来かな・・・。

今朝6時前に起きてテレビをつけたら、10人以上が刺殺されたとのニュース。
最初は海外で起きたのかと思ったら、何と神奈川県で起きた事件。

19人殺害となると、地下鉄サリン事件や池田小学校事件を超える犠牲者。
平成になってからは最多となる犠牲者となってしまいました。

犯人は、今年の2月まで当施設に勤務していた20代の男。
何やら障害者に対して異常なまでの嫌悪感を抱いていたようだが、一体、施設で働いている間に何があったのだろうか?
今後の取り調べや裁判で、これらの疑問が明らかになっていくと思いますが、だからといって人を殺していいわけがない。
1人で40人以上も刺すなんて常軌を逸しています。

ニュースでは大麻が検出されたとか、措置入院したとか報じられていますが、それって今回の犯行を実行する予兆があったって事ですよね。
警察も警戒していたにも関わらず起こってしまった悲惨な事件。
やはり、四六時中マークし続ける事って難しい事なのかなと感じてしまいますね。

最近は海外のテロ事件が報じられる度にうんざりさせられますが、まさか、似たような出来事が日本で起きるなんて・・・。
最早、安全な国なんてどこにもないのかもしれません。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

この記事へのトラックバック