ロシアのリオ五輪出場 全面禁止は見送り

国ぐるみのドーピング問題でリオ五輪の参加が危ぶまれていたロシア。
IOCは臨時理事会を開いた結果、ロシアのリオ五輪参加を全面的に禁止せず、各競技団体に委ねる事で結論が出ました。

全体責任か個人の権利か--。国際オリンピック委員会(IOC)の緊急理事会が24日、国ぐるみのドーピング(禁止薬物使用)が指摘されたロシアの選手をリオデジャネイロ五輪から全面排除しないと決定したことについて、IOCのトーマス・バッハ会長は同日、電話を通じて記者会見した。「集団の責任と(ドーピングに関与していない)個人の権利の間でバランスをとらねばならなかった」と語り、苦渋の決断だったことをにじませた。
バッハ会長は今回の措置について、「極めて深刻な問題であり、(ロシアが国として)共同責任を取らねばならない」と述べた。一方で「クリーンな選手を競技に参加させれば、(反ドーピングの)手本となる」と語り、個々のロシア選手を慎重に審査した上で、クリーンな選手だけを参加させることを決めたと説明した。(毎日新聞)

スポーツ大国でもあるロシアがリオ五輪に参加できないかもしれない。
五輪まで残り半月を切ったという時に、このような話題が出る事自体が噴飯ものだが、IOCの決定にもあるように参加できないのは一部競技のみになりそうです。

しかし、IOCが下したのは各競技の国際競技連盟の判断に委ねるというもの。
つまり丸投げしたという事ですね。
五輪を運営するIOCが自分達で結論を出さずに各競技団体に判断させるなんて無責任というか、いい加減というか。
この結論には、はっきり言って呆れました。

ドーピング問題は今に始まった事ではないけど、ロシアの国ぐるみのドーピングは看過できません。
中にはドーピングしていない選手もいるでしょうけど、国のせいで出場できなくなってしまったと思うと国の責任は極めて重いと言わざるを得ないでしょう。
ロシアには旧ソ連時代のような「選手は国のロボット」という認識が未だにあるのでしょうか?

間もなくリオ五輪が始まるというのに、自分の中では五輪が待ち遠しいなどと思わなくなりました。
これまでは五輪開幕が楽しみだったというのに・・・。
これも、今回のドーピング問題と、開催国でもあるブラジルのやる気のなさのせいですね。

それでも開幕したらしたらで、各競技の結果に一喜一憂すると思います。
開幕前から泥を塗られてしまいましたが、やはり、アスリート達には頑張ってほしいですよ。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リオ五輪完全予想 2016年 8/22 号 [雑誌]: TVステーション東版 別冊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック