映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」

映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」を鑑賞しました。

この映画は、地球に攻めてきた侵略者と人類の激突を描いたSF大作「インデペンデンス・デイ」の続編。
前作での闘いから20年後を舞台に、地球防衛システムを完備した人類が再び侵略者と対峙する作品。

ストーリーは、エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、およそ30億人もの命を失いながらも勝利を収めてから約20年が経過した。
人類はさらなる襲来に備えようと、エイリアンが残した宇宙船の技術を転用した地球防衛システムを作り上げる。2016年7月、そんな人類を試すようにアメリカ全土を覆うほどの大きさを誇るエイリアンの宇宙船が出現。彼らは重力を自在に操る圧倒的な科学力で、ニューヨーク、ロンドン、パリといった都市を次々と襲撃する。猛攻撃は止むことなく続き、人類存続の要であった防衛システムも無力化してしまう。

前作から20年。
20年前といっても前作は観ていないので、先入観といったものはなく鑑賞しました。

全体的な感想としてじゃ映像は凄かったのに対して、ストーリーは期待していたような内容ではなかった。
途中で何度か眠くなったし(何とか我慢できたけど)
前作を観た人の声もネットでチェックしてみたけど、前作に比べると不満の声が多く見かけました。

エイリアンとの対決にしても、ただ戦って、相手のボスを倒して、それで終わり。
でも、まだ戦いは続くというありきたりな結末。
こういうジャンルの映画であったら、相手が攻撃を仕掛けてくるまでの準備や過程も描かれるものだが、この映画に関しては、それがなかったように思います。

ただ悪いところばかりでなくいいところもありました。
それは先程も挙げた映像手法。
空間の使い方や配置などが良く出来ていたと思います。
私は、いつも通り2Dで鑑賞しましたが、3Dで観た方が壮観だったのかなと思える程でした。

3作目も作られるかもしれないとの事だがどうなるのでしょうか?
もし、3作目をやるのであれば、今回の足りなかった部分を補った内容の作品を観てみたいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インデペンデンス・デイ (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック