映画「64-ロクヨン-前編」

映画「64-ロクヨン-前編」を鑑賞しました。

この映画は、横山秀夫が執筆した小説を、佐藤浩市ほか豪華キャストで映画化した犯罪ドラマの前編。
平成へと年号が変わる直前の昭和64年に起きた未解決の誘拐事件「ロクヨン」をめぐり、県警警務部の広報官を主人公に警察内部の対立や県警記者クラブとの衝突などを浮き彫りにしていく作品。

ストーリーは、わずか7日で終わった昭和64年から始まる。
その年に起きた少女誘拐殺人事件、「ロクヨン」から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。
そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・三上義信(佐藤浩市)は、記者クラブとの不和、刑事部と警務部のあつれき、ロクヨンを模倣したような誘拐事件に直面する。

わずか7日で終わった昭和64年。(ちなみに昭和元年も7日間のみ)
1週間しかなかったから、ある意味では貴重な1週間。
昭和64年の硬貨(10円玉)は今でも使わずに持っています。
ちなみに昭和64年生まれは誰がいるのか調べてみたら、リオ五輪で連覇の期待がかかる体操の内村選手が1989年1月3日生まれとの事です。

昭和64年1月7日。
あの日の出来事は、今でもよく覚えています。
最初「崩御」と聞いた時は何の事かよくわからなかったし、テレビは民放でさえCMなしで昭和を振り返る番組ばかり。
何だか普段と違う場所にいるような錯覚でした。

ちなみに、この「64-ロクヨン-」という作品。
昨年、NHKの土曜ドラマでOAされていましたが観ていませんでした。

さて話を本題に。
天皇崩御で揺れた昭和64年1月7日に起きた誘拐殺人事件。
その誘拐殺人があとわずかで時効を迎えてしまうのですが、ロクな手がかりもないまま時効が迫ってくるとは・・・。
その14年の間に三上は刑事から広報官に異動、現場に関わっていた警察官の中にも署長に昇格する者、辞めて転職する者、致命的なミスを犯した罪悪感から家に引きこもる者。
そして、被害者の遺族も亡くなるなど誘拐事件が起きた事など関係なく時は過ぎていきます。

何故、解決の糸口すら見いだせないのか?
犯人の声を雨宮(永瀬正敏)以外の人間が聞けなかったからか?
天皇崩御と重なってしまったばかりに事件直後に報道されなかったからか?
多くの謎と疑問を残しつつ時効が迫っている現状に三上でなくとも焦る人はいるでしょう。

広報官に移った三上にとっては苦労が絶えない日々。
娘との確執、記者クラブとの対立、年下の上司のパワハラなどなど。
奥さん(夏川結衣)と広報室の部下の支えがなかったら、一体どうなっていた事やら。

劇中内で三上が記者クラブの連中に「遺族の雨宮さんは昭和64年のたった7日間に取り残されている」と語っていたが、取り残されているのは雨宮だけではないと思います。
三上自身もそうだし、あの日の事件に対応していた警察側の人間もそうだと思います。
そして時効が来るまで身を隠している犯人も。

三上の熱意も実って記者クラブとの溝もなくなり、さぁこれからと言う時に新たに誘拐事件が発生する。
手口が「ロクヨン」と酷似している内容にもゾクッとさせられます。
それより刑事の一人(小沢征悦)が三上に「報道規制を敷いてくれ」と言っていたけど、何で広報室ではなくて捜査会議室で渡したのか。
出し抜いた三上が来るとわかっていたのだろうか?

自分が思うに最後に出てきた誘拐事件は模倣犯で14年前とは別人だと思います。
時効間近で新たな犯罪に手を出すとは思えないし。
そうなると、今回の犯人は誰なのかという疑問が新たに出てきます。

当時の誘拐事件は天皇崩御と重なってしまった分、世間に広まっていない。
もし模倣犯としたら当時対応していた三上を含めた警察官か、それとも雨宮か。
それとも当時の犯人が再び動き出したのか。
誰がやったにせよ動機が読めませんね・・・。

後編は6月11日公開。
果たして14年前の事件を解決に導く事が出来るのか。
そして、今回の誘拐事件も犯人は誰なのかと見どころが満載で、今から結末が気になってしまっています。
でも公開日は6月11日って・・・。
1週間前の6月4日(ロクヨン)の方がいいのにと思ったのは私だけでない筈w


64(ロクヨン) 上 (文春文庫)
文藝春秋
2015-02-06
横山 秀夫
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 64(ロクヨン) 上 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • 『64-ロクヨン-前編』

    Excerpt: そこに心はあるのか。 何とも日本的な重さが心にずしりと残る映画だ。しかし何とも日本的な感動がじわじわと心に響く映画だ。 まだ事件の核心に迫っている訳ではないのに、それで ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-05-24 22:59
  • 64-ロクヨン-前編

    Excerpt: 豪華キャストも中身もてんこ盛り 公式サイト。横山秀夫原作、瀬々敬久監督。佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-05-24 23:05
  • 『ちはやふる上の句』を109シネマズ木場2で、『64前編』をトーホーシネマズ府中3で観て(64にネタバレ記述あり)、どっちもグーふじき★★★★★,★★★★

    Excerpt: 前編同士ほんに傑作。 私は、映画の中のキャラが立ってて役者がステキな映画が好きなのだ。 どっちも条件バッチリ。 ちなみにどっちも原作未読、派生物未鑑賞です。 ◆『ちはや ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2016-05-25 00:54
  • 映画『64-ロクヨン- 前編』★広報官:三上の涙の良心に魅せられる!

    Excerpt:   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/167276/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照くださ.. Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** racked: 2016-05-25 01:52
  • 試写会「64 -ロクヨン- 前編」

    Excerpt: 本音でぶつかり合えば… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604210000/ 64(.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-05-25 05:55
  • 64 ロクヨン前編

    Excerpt: 64−ロクヨン−前編@イイノホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-05-25 07:08
  • 映画『64-ロクヨン-前編』

    Excerpt: 人物相関図(クリックで拡大) 原作は昨年読みまして、さらに昨年NHKのドラマでも放映されてましたが、 本当に面白い作品です。 映画版はやっぱり2時間くらいの長さでは収まらない.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2016-05-25 08:33
  • 「64 ロクヨン 前編」:緊迫感あふれる骨太の力作

    Excerpt: 映画『64 ロクヨン 前編』は、近年数少ない「大人が楽しめる良質の骨太日本映画」 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2016-05-25 17:40
  • 『64 -ロクヨン- 前編』('16初鑑賞48・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 5月7日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 13:50の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-05-26 20:53
  • 64-ロクヨン-前編

    Excerpt: 犯人は、まだ 昭和にいる。 上映時間 121分 原作 横山秀夫 脚本 瀬々敬久 久松真一 監督 瀬々敬久 出演 佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人/窪田正孝/坂口健太郎/菅田俊/瑛太/吉.. Weblog: to Heart racked: 2016-05-26 23:04
  • 「64-ロクヨン-前編」事件が迷宮入りしそうになった先に発覚した警察の失態を組織ぐるみで隠蔽された事件の真相と時効目前で再び動き出した昭和最後の7日間

    Excerpt: 「64-ロクヨン-前編」は1989年1月1日~7日のわずか7日間に起きた昭和64年の誘拐殺人事件を15年後の事項目前にした中で再びこの事件と刑事が向き合って事件解決へ動こう ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-05-28 10:32
  • 「64 ロクヨン」☆まだ何も始まらない

    Excerpt: 豪華キャストを取り揃えた映画にロクなものはないけれど、この映画は違う。 皆さん本気でいい仕事をしていて、大物俳優だからといって脇役なのに突出してしまって話をぶち壊すこともなく、それぞれが見事にその役.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2016-05-29 00:11
  • 「64-ロクヨン-前編」 報道の役割とは

    Excerpt: 例によって原作は未読ですが、横山秀夫さん原作の作品らしく骨太のドラマとなっていま Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2016-05-29 06:48
  • 前編は事件より警察内部のドラマ

    Excerpt: 8日のことですが、映画「64 -ロクヨン- 前編」を鑑賞しました。 わずか7日で終わった昭和64年 その年に起きた少女誘拐殺人事件、通称ロクヨンから14年が経過し 未解決のまま時効が近づく中 その.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-05-29 12:01
  • 「64(ロクヨン) 前編」

    Excerpt: 後編が待ち切れない。こんな気持ちは久々だ。昭和最後の7日間に起こった少女誘拐殺人事件。通称「64(ロクヨン)」。時効まであとわずか一年に迫った平成14年、事件は大きく動き出す…。そうか、昭和64年って.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2016-05-31 12:44
  • 64-ロクヨン-前編  監督/瀬々 敬久

    Excerpt: 【出演】  佐藤 浩市  綾野 剛  榮倉 奈々  瑛太 【ストーリー】 わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいてい.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2016-06-06 23:03
  • 64 ロクヨン 前編

    Excerpt:  『64 ロクヨン 前編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)以前、原作小説を読んでとても面白いと思い、なおかつ佐藤浩市が主演の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-06-07 05:37
  • 64 ロクヨン 前編

    Excerpt: 横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化。 映画は2部作になっていて今回は前編。 佐藤浩市が主演。 主人公の警務部の広報官、 三上義信を演じます。 綾野剛、永瀬正敏、三浦友和、榮倉奈々、 瑛.. Weblog: 花ごよみ racked: 2016-06-07 09:48
  • 64-ロクヨン-前編 (2016) 121分

    Excerpt:  このキャストの写真の中で。。。この前編にほとんど出ていない人がいます(笑) Weblog: 極私的映画論+α racked: 2016-06-07 18:48
  • 64 ロクヨン 前編

    Excerpt: 横山秀夫のベストセラー小説『64』の映画化。 原作を読んだことがあるはずなんですが、ほぼ内容を忘れているので、実質初見と同等です(笑)。 いやぁ、少なくとも前編を見た限りでは、今年の邦画一番じゃな.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2016-06-07 22:31
  • 64-ロクヨン-前編

    Excerpt: 昭和から平成に変わる直前、1週間しかなかった昭和64年に起きた、戦後唯一の未解決誘拐事件。 実際の事件が基になった、ということで凄く興味あった1本。 「半落ち」などの原作者・横山秀.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2016-06-08 11:36
  • 64-ロクヨン-前編

    Excerpt: 2016/05/07公開 日本 121分監督:瀬々敬久出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、瑛太、永瀬正敏、三浦友和 犯人は、まだ昭和にいる。 STORY:わ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-06-08 12:58
  • 64-ロクヨン- 前編

    Excerpt: 1週間しかなかった昭和64年に起きた殺人事件にまつわる話と言うフレーズに興味を持って、『64-ロクヨン- 前編』を観てきました。 ★★★★★ 話が面白いのも有りますが、直前に観た『アイアムアヒーロー.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2016-06-09 00:36
  • 64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編

    Excerpt: 【概略】 かつては刑事部の刑事、現在は警務部・広報官の三上義信は、常にマスコミからの外圧にさらされていた。そんな彼が、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む。 サス.. Weblog: いやいやえん racked: 2016-12-18 20:51
  • 64-ロクヨン-前編

    Excerpt: 監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、窪田正孝、金井勇太、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、小澤征悦、菅原大吉、坂口健太郎、宇野祥平、菜葉菜、嶋田久作、三浦誠己、黒川芽以、小.. Weblog: タケヤと愉快な仲間達 racked: 2017-01-09 06:07
  • 64 ロクヨン 前編

    Excerpt: 豪華キャスティングと役者力で、魅せてくれたし、わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」事件が、多くの人生にダメージを与え、その軌跡を狂わせたことは分かったのですが、いまひと.. Weblog: のほほん便り racked: 2017-04-04 14:22