今頃になって・・・

昨年、プロ野球界を騒然とさせた野球賭博問題。
今頃になって新たな選手の関与が発覚しました。

新たな関与したと発表したのが高木京介投手。
高木京介投手は左の中継ぎとして1軍に定着している、いわば主力投手。
入団以来、139試合投げて無敗のプロ野球記録を持っている投手。
そのような投手が野球賭博に関わっていたとなると、球団もファンもショックは大きいでしょう。

しかし、何で今頃になって発覚したのか。
本人は、既に失格選手処分を受けた元選手に名前を貸していただけと言っていたようだが、そのウソもばれてしまった。
今まで隠していた分、高木投手にも失格選手処分が下されるでしょう。

開幕まで1ヶ月切ったという時に、再燃された野球賭博問題。
そして、それをスクープしたのが、またしても週刊文春。
またしても文春の記事によって首が飛ばされる人間が出てくるわけですね。

こうなったら、開幕を延期してでも全球団の選手を身体検査をすべきではないでしょうか?
ここまでジャイアンツの選手ばかりだが、他球団にも今回の高木投手みたいなウソをついていた選手がいるのかもしれません。
ただし、ジャイアンツは東京のチーム。
流石に地方のチームに野球賭博をけしかける胴元なんていないと思うので、残念ながらジャイアンツの選手のみの関与の可能性が高そうです。

尚、この不祥事を受けて渡辺恒雄最高顧問と、久保球団代表、白石オーナーらが辞任したと発表。
辞任したといっても、最近は球団の事に、あまり口を出していなかったし、読売新聞社には残るだろうから形だけの辞任にはなるでしょうね。

この記事へのトラックバック