映画「エヴェレスト 神々の山嶺」

映画「エヴェレスト 神々の山嶺」を鑑賞しました。

この映画は、第11回柴田錬三郎賞を受賞し、漫画版と共にベストセラーを記録している夢枕獏の小説「神々の山嶺」を実写化したドラマ。
あるクラシカルなカメラを手にした写真家が、カメラの逸話を調べるうちに孤高のアルピニストとして名をとどろかせた男の人生に触れていく姿を追い掛ける作品。
過酷な自然にぶつかっていく男たちの思いが交錯する熱いドラマに加え、大規模ロケを敢行したヒマラヤの荘厳な風景が見もの。

ストーリーの舞台はネパールの首都カトマンズ。
ヒマラヤ山脈が見えるその街で、日本人カメラマンの深町誠は古めかしいカメラを見つける。
それはイギリス人登山家ジョージ・マロリーが、1924年6月8日にエベレスト登頂に初めて成功したか否かが、判断できるかもしれないカメラだった。
カメラについて調べを進める深町は、羽生丈二というアルピニストの存在にたどり着く。
他人に配慮しない登山をするために孤高の人物となった彼の壮絶にして崇高な人生に触れるうちに、深町の胸にある思いが生まれる。

ベストセラー小説の実写化。
出演者の顔ぶれも豪華。
そして実際にエヴェレストで撮影を行ったという事で、どんなスケールの大きい作品なのかと思って劇場鑑賞してみる事に。

世界最高峰でもあるエヴェレストの標高は8,848 m。
富士山の倍以上の高さもあります。
そんなエヴェレストの登頂は容易ではないですよね・・・。

実際に鑑賞してみた全体的な感想としては、自分が思っていた内容とは大きく異なり、はっきりいって期待外れで肩すかしを食らってしまいました。
勿論、エヴェレストを舞台にした自然の美しさや脅威、そしてカトマンズの街の雑多さなど目を引かれる部分もあったし、エヴェレスト登頂に挑戦するまでの羽生という人物のエピソードなども興味深かったけど、やはり全体
を通して言えば豪華キャストも勿体なく感じてしまう脚本と演出。

この映画を製作した人は登山の経験がない人達なのではないでしょうか?
そう感じたのが、クライマーでなくカメラマンの深町が、何であんなにエヴェレストの最高峰付近まで登っていけるのかということ。
エヴェレストは世界一高い山。
即ち酸素も平地より、かなり薄いという事である。
クライマーでもなく、エヴェレスト登頂を目指すための体づくりもしなかった深町が、羽生と一緒にエヴェレスト登頂を目指す事自体無理な話だと思います。

そして、この作品の焦点の1つでもある「ジョージ・マロリー氏は、世界で初めてエヴェレスト登頂に成功していたのか?」という疑問が、終盤の方では最早どうでもよく取り扱われていましたね。

もっと、エヴェレストを登山する様子をもっと描けば良かったのに、残念ながら登山の厳しさが今一つ伝わって来ませんでした。
それに登山というのは無事に下山して初めて登頂に成功したと言えるもの。
そういった部分も、この映画では何も伝えてなかったですねぇ。

この映画の良かった部分を挙げるとすれば、壮大なエヴェレストを映し出すカメラワークと、クライマー・羽生を演じた阿部寛の体を張った演技。
終盤に体が凍り付いていたシーンなんて雪男かと思ってしまいましたよ(違)

この記事へのトラックバック

  • エヴェレスト 神々の山嶺

    Excerpt: エヴェレスト 神々の山嶺@角川シネマ新宿 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-04-02 17:43
  • エヴェレスト 神々の山嶺~主演は阿部寛

    Excerpt: ここに俺がいるからだ 公式サイト。夢枕獏原作、平山秀幸監督。阿部寛、岡田准一、尾野真千子、佐々木蔵之介、ピエール瀧、風間俊介、甲本雅裕、テインレィ・ロンドゥップ、山中崇 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-04-02 17:52
  • エヴェレスト 神々の山嶺 ★★★★

    Excerpt: 第11回柴田錬三郎賞を受賞し、漫画版と共にベストセラーを記録している夢枕獏の小説「神々の山嶺」を実写化したドラマ。あるクラシカルなカメラを手にした写真家が、カメラの逸話を調べるうちに孤高のアルピニスト.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-04-02 18:49
  • 『エヴェレスト 神々の山嶺』 2016年2月29日 角川シネマ新宿

    Excerpt: 『エヴェレスト 神々の山嶺』 を試写会で鑑賞しました。 今日は長い一日であった。 朝から六本木ヒルズでアカデミー賞のパブリックビューイングに行き、 終わったのは14:30頃だっただろうか... その.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2016-04-02 18:52
  • 劇場鑑賞「エヴェレスト 神々の山嶺」

    Excerpt: そこに山があるから… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201603120001/ 【楽天ブ.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-04-02 20:03
  • 『エヴェレスト 神々の山嶺』をトーホーシネマズ六本木3で観て、個々の主張が激しいだけで折衝のない山映画だったなふじき★★

    Excerpt: ▲「テルマエ、テルマエはどこだあーっ」 五つ星評価で【★★役者の顔はみんないいけど、何が言いたいのかよく分からない、グラビア写真みたいな映画】 とってもフォトジェニ ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2016-04-02 21:45
  • 『エヴェレスト 神々の山嶺』('16初鑑賞25・劇場)

    Excerpt: ☆☆--- (10段階評価で 4) 3月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:50の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-04-03 12:09
  • エヴェレスト 神々の山嶺

    Excerpt: エヴェレストを描いた映画としては、昨年『エベレスト 3D(Everest)』がありましたが、エベレストを映画で描くのって流行りなんですかね。『エベレスト 3D(Everest)』の時も思いましたが、(.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2016-04-03 16:17
  • 「エヴェレスト 神々の山嶺」1番高い山を目指した先にみた上るだけでは成功じゃない戻ってきて成功だという冒険家の宿命

    Excerpt: 3月12日公開の映画「エヴェレスト 神々の山嶺」はエヴェレストの登頂を目指した1人の男を追うカメラマンのエヴェレストでの闘いの記録を綴ったストーリーである。人は何故山に ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-04-03 20:51
  • エヴェレスト 神々の山嶺

    Excerpt: 原作は夢枕獏の小説「神々の山嶺」 監督は平山秀幸。 岡田准一、阿部寛、尾野真千子が出演。 山岳カメラマンの深町は ネパールの首都カトマンズで古いカメラに出会う。 そのカメラは、登山家ジョージ・.. Weblog: 花ごよみ racked: 2016-04-03 21:27
  • <「エヴェレスト 神々の山嶺」試写会 追記。>

    Excerpt: 改めて書くのは違うかなと思い、公開後に試写会日に追記しようかと思ったんだけど、書きだしたら長くなりそうだったから、別記にした。 ←正解(笑)大分と辛口なので!岡田君ファンなのに!ごめん!岡田.. Weblog: 夢色 racked: 2016-04-04 00:05
  • エヴェレスト 神々の山嶺

    Excerpt: 2016/03/12公開 日本 122分監督:平山秀幸出演:岡田准一、阿部寛、尾野真千子、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、テインレィ・ロンドゥップ、山中崇、佐々木蔵之介 生きて、必ず帰る STOR.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-04-06 23:56
  • [映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「エヴェレスト 神々の山嶺」感想

    Excerpt:  第11回平成10年度柴田錬三郎賞を受賞した夢枕獏原作の小説を、「必死剣鳥刺し」の平山秀幸監督、岡田准一×阿部寛主演で映画化。 「ビジネスジャンプ」に連載されていたコミック版は、随分前に読了済。スト.. Weblog: 流浪の狂人ブログ~旅路より~ racked: 2016-04-12 20:54
  • 「エヴェレスト 神々の山嶺」 魅入られた男たち

    Excerpt: 「なぜ山に登るのか?」 「そこに山があるからだ」 これは本作でもキーマンとなるジ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2016-04-30 07:01
  • 映画・エヴェレスト 神々の山嶺

    Excerpt: 2016年 日本 世界最高峰の山に挑む男たち命を削ってまで山に登ることにどんな意味があるのか何を求めるのか クライマックスはエヴェレストの冬季南西壁、単独無酸素登頂という前人未踏の.. Weblog: 読書と映画とガーデニング racked: 2016-05-12 13:48