映画「海難1890」

正月休みに映画「海難1890」を鑑賞しました。

この映画は、日本とトルコの長年にわたる友好関係をテーマにしたドラマ。
海難事故に遭ったトルコ軍艦エルトゥールル号への日本人による救援と、トルコ人によるイラン・イラク戦争時の在イラン日本人救出という、両国の絆を象徴する二つの出来事を見つめる作品。

ストーリーは、1890年、和歌山県串本町沖。
後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。
そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。
イラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る。

19世紀と20世紀の史実に基づいて作られた作品。
親日国でもあるトルコと日本が時代をまたいで語られる友好的なストーリーに興味を持って劇場で鑑賞してみる事にしました。

映画のタイトルの一部にもなっている1890年で親睦の為に来日したオスマン帝国が帰国時に暴風雨に巻き込まれてしまいます。
劇中内でも暴風雨で遭難するシーンが残酷なまでに描かれていました。
絶望的な状況でも逃げようとせず困難に立ち向かった船長の行動力には「これぞリーダー」と思わせるものを感じました。
乗客を見捨てて真っ先に救出船乗った韓国人に見せてやりたいです(爆)

ただ、遭難シーンと芸者が踊るシーンが交互に回すシーンが「くどい」と感じるくらいだった。
多少端折った部分もあった方がいいけれど、芸者のシーンは短くした方が良かった気がします。

でも、その後の救助シーンは良かったです。
何とか沖に辿り着いたオスマン帝国の乗組員を目の前にして、住民らがたとえ外国人であろうと人命救助を優先した。
救助する事によって漁にも出られないイコール自分達の食料も確保できないという困難な状況の中でも目の前にある消えかかっている命を助けようとした住民の姿勢には感服させられました。

そして時代は、1985年へと移っていきます。
1985年と言えば、日航機墜落事故の年ですが、イランイラク戦争が勃発したのは、それ以前の話。
鑑賞時は日航機墜落事故の事もあって飛ばせなかったのではないのかと思っていたのですが、後で調べたら自分の勘違いだった事に気づきました(^^;)

この時も日本政府(当時は中曽根内閣)は在日米軍がいち早く現場に駆けつけたにも関わらず、自衛隊のメンツにこだわって救助許可を出さなかったという事実があるそうです。
トルコの方がイランより近いといえ、トルコの方が迅速で勇気ある行動が出来たのですね。
トルコの邦人救出劇には感動しますが、日本政府の対応にはガッカリでした。

しかし、一番許せないのはイラクの独裁者だったサダム・フセイン。
停戦協定を破棄して戦争をけしかけたフセインの所業は、まさに「鬼畜」と呼ぶにふさわしい。
その後のサダム・フセインの末路はご存知の通りです。

最近で日本とトルコの関係で思い出すのが、2002年の日韓W杯で日本とトルコが決勝トーナメントで対戦した事。
その時は、トルコが日本に勝って同大会で3位になっていますが、この日韓ワールドカップの大会期間中に、トルコ代表がユニホームを和歌山県串本町に寄贈したというエピソードも残っています。

尚、今のトルコは隣国の情勢に巻き込まれて治安も悪化していると聞きます。
2020年の五輪招致で東京に敗れてのも隣国のせいなんですよね。
その4年後の東京五輪で、我々日本人が、多数来日して来るであろうトルコ人を含む外国人に対して良き友好関係を築く事が、果たして出来るのでしょうか?

ちょっと映画とは脱線した話をしてしまいましたが、世紀を超えた友好関係を描いた作品を観る事が出来て良かったです。
いかなる時代でも助け合いは大事なんですよね。


海難1890 (小学館文庫)
小学館
2015-11-06
小松 江里子
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 海難1890 (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • 海難1890

    Excerpt: 公式サイト。日本=トルコ。田中光敏監督。内野聖陽、忽那汐里、ケナン・エジェ、夏川結衣、小澤征悦、笹野高史、竹中直人、かたせ梨乃、小林綾子、蛍雪次朗。エルトゥールル号遭 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-01-10 22:11
  • 海難1890

    Excerpt: 2015/12/05公開 日本/トルコ 132分監督:田中光敏出演:内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、アリジャン・ユジェソイ、小澤征悦、宅間孝行、大東駿介、渡部豪太、徳井優、小林綾子、かたせ梨乃、川.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-01-10 22:31
  • 『海難1890』をトーホーシネマズ日本橋3で観て、涙は出なくともスペクタクルがいいぞふじき★★★

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★沈没する船から救助までの力強さ】 トルコの船の沈没に際して自らをかえりみず救助に当たった村人の話+ 日本政府が見捨てたイラン在住の日本人をやはり身の ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2016-01-10 22:34
  • 海難1890

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(F) 真心とおもてなし。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2016-01-10 22:51
  • 海難1890

    Excerpt: 海難1890@スペースFS汐留 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-01-10 23:28
  • 海難1890

    Excerpt: 日本とトルコの友好を題材にした映画。 監督は田中光敏。 内野聖陽、忽那汐里、夏川結衣らが出演。 1890年9月に起きた トルコ軍艦エルトゥールル号海難事故。 エルトゥールル号が台風に遭い座礁、 .. Weblog: 花ごよみ racked: 2016-01-11 00:08
  • 海難1890

    Excerpt: なかなかに良かった。ちょっと涙ぐんでしまった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2016-01-11 00:17
  • 劇場鑑賞「海難1890」

    Excerpt: “真心”を返す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201512060000/ 【楽天ブック.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-01-11 06:30
  • 「海難1890」国境と人種に関係なく救助した先にみた国境なき救助劇が自分たちを救った1世紀を超える救助劇

    Excerpt: 「海難1890」は1890年に和歌山県樫野崎沖遭難したオスマン帝国(現在のトルコ)の軍艦「エルトゥールル号」の救出劇と1985年に起きたイラン・イラク選手でテヘランに取り残 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-01-11 09:46
  • 『海難1890』

    Excerpt: どんなに時代が変わっても、変わらない真心がある。 1890年に起きた和歌山県大島沖でのエルトゥールル号海難事故が1985年のテヘラン邦人救出へと繋がる真心の物語を、日本・トルコ友 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-01-11 10:30
  • 「海難1890」@シネマサンシャイン平和島

    Excerpt:  クリスマスの夜。シネマ6に観客は私一人だけの映画人生初の貸切上映となった。他に観客が居なくノンストレスのはずが逆に落ち着かない。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2016-01-11 13:12
  • 海難1890/内野聖陽、忽那汐里

    Excerpt: 日本とトルコの友好125周年を記念して製作された日本・トルコ合作ドラマ。トルコが親日国家となったそのきっかけである1890年の和歌山県沖でのエルトゥールル号海難事故の出来事と198 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2016-01-11 13:38
  • <「海難1890」試写会>

    Excerpt: 「海難1890」の試写会に行って来ました。予告編を観て、これ、良さそうじゃない?と思って応募したわけですトルコの大尉が語る設定で、時代背景が綴られ、日本とトルコの場面が交互に差し込まれます。日本からは.. Weblog: 夢色 racked: 2016-01-11 13:59
  • 『海難1890』('15初鑑賞89・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:05の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-01-11 17:50