映画「杉原千畝 スギハラチウネ」

映画「杉原千畝 スギハラチウネ」を鑑賞しました。

この映画は、第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し彼らの命を救った杉原千畝の波乱に満ちた半生を映画化した作品。

ストーリーは、1935年、満洲国外交部勤務の杉原千畝(唐沢寿明)は高い語学力と情報網を武器に、ソ連との北満鉄道譲渡交渉を成立させた。
ところがその後、彼を警戒するソ連から入国を拒否され、念願の在モスクワ日本大使館への赴任を断念することになった杉原は、リトアニア・カウナスの日本領事館への勤務を命じられる。
同地で情報を収集し激動のヨーロッパ情勢を日本に発信し続けていた中、第2次世界大戦が勃発してしまう。

終戦70年目を迎える今年。
今年はいろいろな戦争関連の映画、ドラマ、ドキュメンタリーを観てきましたが、この作品は主人公は日本であるが海外に視点を当てた内容。
邦画でありながら、字幕が多かったですね。
監督が外人だけど製作は日本テレビって書くと邦画なのか洋画なのかわからなくなってしまう(汗)

杉原が派遣されていたリトアニアの日本領事館に大量のユダヤ人難民が助けを求める。
ナチスの迫害が及ぶ隣国から逃げてきた人々に対して、杉原はユダヤ人がシベリア鉄道を経由し、船で日本に渡って第三国に脱出する為のビザを発給した。
杉原がビザを発給し続ける姿に、かつて鑑賞した「シンドラーのリスト」を思い出していました。

国の方針に背き、葛藤を乗り越えてビザの発給を決断するまでの思いが、この映画においての重要なポイント。
妻の幸子(小雪)の助言に対して杉原が返したセリフが一番印象に残っています。

非人道的な戦争の中にも人としての尊厳を失わない行為は無数にありました。
その積み重ねが後世に残る偉業につながったのだと思わせてくれます。

一連の流れを見ていると、日本とドイツは負けるべくして負けたのだなという事を実感します。
ともに自国の倍以上の国土と戦力を持つ国にケンカを売るとは、まさに無謀行為。
日本政府の中にも杉原千畝のような視点を持つ人がいたなら、太平洋戦争で多くの命を失う事がなかったかもしれません。

また、ナチスドイツの残虐行為の数々は、この映画の中でも多く取り上げられていて、それらは本当に目に余るものがありました。
何故、あんな平気で人を殺せたのだろうか?
それと気になったのが、何でユダヤ人が当時あれほどドイツ以外の国からも忌み嫌われていたのだろうか?

冒頭のシーンであったが、外務省では杉原千畝の存在がなかった事にされていたのには、後になって怒りが沸いてきました。
しかし、後になって彼の名誉が回復された事は良かったなと思います。

この映画を観ていてもわかるが、本当に戦争なんてロクなもんじゃないですね。
今の世界は、いつ第2次世界大戦クラスの戦争が起こってもおかしくない状態です。
日本だけでなく世界中から戦争がなくなる平和な世の中が訪れる時がいつか来てほしいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 杉原千畝: 情報に賭けた外交官 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • 杉原千畝 スギハラチウネ

    Excerpt: 杉原千畝 スギハラチウネ@イイノホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2015-12-20 08:19
  • 「杉原千畝 スギハラチウネ」国の命に背いても貫いた人道的立場では国も人種も関係ない命を救う事こそ重要だと行動で示した命を繋いだヴィザ

    Excerpt: 「杉原千畝 スギハラチウネ」は日本の外交官として活躍していた杉原千畝が1939年に欧州のリトアニア・カウナスに赴任した際にユダヤ人難民を救うために政府の命に背きながらも4000人 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2015-12-20 09:05
  • 杉原千畝 スギハラチウネ

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(F) もし、本作品がなかったら偉大な日本人を知ることはなかった。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2015-12-20 10:08
  • 杉原千畝 スギハラチウネ

    Excerpt:  『杉原千畝 スギハラチウネ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『イン・ザ・ヒーロー』で好演した唐沢寿明の主演作ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和30年(.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2015-12-20 10:40
  • 『杉原千畝 スギハラチウネ』 2015年11月29日 イイノホール

    Excerpt: 『杉原千畝 スギハラチウネ』 を試写会で鑑賞しました。 実は本日の3本目だったりする。。。 【ストーリー】  1935年、満洲国外交部勤務の杉原千畝(唐沢寿明)は高い語学力と情報網を武器に、ソ連と.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2015-12-20 10:48
  • 劇場鑑賞「杉原千畝 スギハラチウネ」

    Excerpt: たとえ、全てを失ったとしても… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201512050000/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2015-12-20 12:39
  • 杉原千畝 スギハラチウネ

    Excerpt: 事実に基づいた物語。 本省の訓令に反してビザを発給したため、長らく日本では不遇をかこった杉原千畝。その杉原千畝の生涯を描いた作品。 杉原が、「好ましからざる人物(Persona non grata.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2015-12-20 12:51
  • 杉原千畝 スギハラチウネ/唐沢寿明

    Excerpt: 日本のシンドラーと呼ばれる杉原千畝氏の人物像に迫る伝記・歴史ドラマ。 出演はその他に、ボリス・シッツ、アグニェシュカ・グロホフスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウ ... Weblog: カノンな日々 racked: 2015-12-20 18:12
  • 杉原千畝 スギハラチウネ★★★★.5

    Excerpt: 第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し彼らの命を救った杉原千畝の波乱に満ちた半生を映画化。世界情勢が混乱を極める中、諜報(ちょうほう)外交官として日.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2015-12-20 18:19
  • 『杉原千畝 スギハラチウネ』('15初鑑賞88・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 12月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:15の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2015-12-20 19:30
  • 『杉原千畝 スギハラチウネ』

    Excerpt: その決断が、世界を変えた。 第二次世界大戦下のリトアニアにて2000枚以上の「命のビザ」を発給し、6000人以上のユダヤ難民を救った「日本のシンドラー」こと、杉原千畝。 なぜ彼は ... Weblog: こねたみっくす racked: 2015-12-20 23:50
  • 杉原千畝 スギハラチウネ

    Excerpt: 139分とちょい長めだけど、ダレずに観られた。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2015-12-21 00:25
  • 私の誇り。『杉原千畝 スギハラチウネ』

    Excerpt: 第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し彼らの命を救った日本人外交官の波乱に満ちた半生を描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2015-12-21 11:29
  • 杉原千畝 スギハラチウネ

    Excerpt: 2015/12/05公開 日本 139分監督:チェリン・グラック出演:唐沢寿明、小雪、ボリス・シッツ、アグニェシュカ・グロホフスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウカシェヴィチ、塚本高史、濱田岳、小.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2015-12-22 22:23
  • 杉原千畝 スギハラチウネ・・・・・評価額1650円

    Excerpt: 杉原千畝とは何者だったのか? 第二次世界大戦下、多くのユダヤ人難民を救った“命のビザ”で知られる外交官・杉原千畝の半生を描く伝記映画。 ただし、いわゆるお涙ちょうだいのベタベタの感動作ではない.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2015-12-23 23:28
  • 杉原千畝 スギハラチウネ

    Excerpt: 日本政府に背いて6000人の、 ユダヤ難民にビザを発給し、 多くのユダヤ人の命を救った、 実在の日本人外交官、 杉原千畝を描いた映画。 第2次世界大戦下、 外交官としてリトアニアに赴任していた杉原.. Weblog: 花ごよみ racked: 2016-01-04 16:27