羽生選手が世界最高得点を自ら更新しGPファイナル3連覇

スペインで行われているフィギュアスケートのGPファイナル。
羽生選手が先日のNHK杯で記録した世界最高得点の記録を自ら更新し、男子では史上初となるGPファイナル3連覇を達成しました。

一昨日のSPでは世界最高得点となる110.95点を記録した羽生選手。
フリーでも4回転ジャンプをことごとく成功させる圧巻の演技で219.48点をマークして、トータル330.43点と自身がモツ世界記録を再び更新し、GPファイナル3連覇を達成しました。

女子ではSP4位の宮原選手がフリーで自己ベストとなる140.09点をマーク。
トータルでも自己最高の208.95点で、GPファイナル初出場ながら2位に入りました。
一方でSP3位の浅田真央選手はフリーでジャンプの失敗が響き、6人が出場するGPファイナルで6位となる最下位に終わりました。

(追記)
男女のフリーは、夜の録画中継で観ていました。
その中でも圧巻だったのが羽生選手。

先月のNHK杯で史上初の300点台を記録した時は、当分は破られそうにないと思いましたが、それを次の試合で、あっさり塗り替えてしまったのだから恐れ入ります。
難易度の高い4回転系の技を次々と成功。
最早、別次元に行ってしまったかのような羽生選手の演技でした。

女子ではGPファイナル初出場の宮原選手が2位で表彰台。
前日のSPで4位だったのはおかしかったけど、フリーで順位を上げての2位は立派。
まだ若いけど、この先が楽しみな選手です。

一方、SPで3位だった浅田選手はジャンプの失敗が響き最下位。
胃腸炎を患っていた事もあって、その後のエキシビションは欠場してしまいました。
復帰したばかりというのに、少数精鋭で戦うGPファイナルに出場出来ただけでも、やはり強い選手である事は確か。
宮原選手のように新しい選手も台頭していますが、まだまだ浅田選手は健在ですね。


anan (アンアン) 2015/12/16 [雑誌]
マガジンハウス
2015-12-09
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by anan (アンアン) 2015/12/16 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック