ホークスが連続日本一へ王手

2015年日本シリーズ。
東京ヤクルトスワローズvs福岡ソフトバンクホークスの第4戦は神宮球場でプレーボール。

昨日は山田選手の3本塁打でスワローズがシリーズ初勝利。
地の利と勢いに乗ってタイに戻すか、それともホークスが今度こそ王手をかけるか。
先発はスワローズ・館山、ホークス・攝津の両投手。

試合は初回にホークスが4番・李大浩選手のタイムリーで先制し、3回にも無死満塁から再び李大浩選手が満塁走者一掃のタイムリー二塁打と、細川選手のタイムリーで一挙4点を奪い館山投手をKO。
6回にも細川選手にホームランが出て計6点。

序盤で5点を追いかける展開になってしまったスワローズは4回に1点を返し、6回には無死満塁のチャンスを作って攝津投手をマウンドから下し、代わった森投手から上田選手の2点タイムリーなどで3点を返して2点差に。
9回にはホークスの守護神・サファテ投手からホームランが出れば逆転サヨナラという場面を迎えたが5番・雄平選手が三振に倒れ試合終了。

ホークスが6-4でスワローズの猛追を振り切って対戦成績を3勝1敗に。
昨年に続く連続日本一に王手をかけました。

序盤でホークスが5点取った時にはワンサイドになるかと思いましたが、スワローズ打線が粘って9回には同点あるいは逆転サヨナラの場面を迎えましたが最終的には序盤の5点が重くのしかかってしまいました。
先発・館山投手の乱調が、あまりにも痛かったですね。

ホークスのスタメンマスクは、これまで高谷選手でしたが、この試合は、シーズン中から攝津投手と組んでいる細川選手がスタメンマスク。
前日3本塁打を打たれている山田選手に対して2打席連続でストレートを投げて見逃し三振に打ち取るなど要所でリードが冴えていました。
打ってはホームランを含む2打点。
やはりホークスの選手層は厚いですね。

明日も神宮球場で第5戦。
ホークスが一気に日本一を決めるか、それともスワローズが決着の舞台を福岡に移すか注目です。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 摂津正―鷹のスーパー右腕 福岡ソフトバンクホークス (スポーツアルバム No. 28) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック