栃木、茨城に大雨特別警報

台風18号から変わった低気圧の影響で、各地で大雨が降り続いていますが、栃木県と茨城県では大雨特別警報が発令。
土砂崩れや河川の越水や堤防の決壊が起きていて、甚大な被害が出ています。

台風18号から変わった温帯低気圧と日本の東の海上を北上している台風17号の影響で、関東と東北地方南部は10日も大雨が続いた。
気象庁は同日午前0時20分に栃木県、同7時45分に茨城県に大雨の特別警報を発表した。
同庁は「重大な危険が差し迫った異常事態」として最大限の警戒を呼びかけ、自治体の避難情報に従って安全を確保するよう求めた。この大雨で土砂崩れも発生、栃木県鹿沼市では民家に土砂が流れ込み、住民1人が行方不明になっている。(毎日新聞)

東京でも一昨日から断続的に降り続いていて、多摩川でも増水している状態。
梅雨でも、こんなに断続的に降り続くのは何年ぶりなのでしょうか?
毎日のように雨・雨で、いい加減うんざりしていまします。

昨晩から、大雨に関するニュースを見続けていますが、栃木と茨城で被害が相次いでいます。
栃木では民家が土砂崩れに巻き込まれ、鬼怒川温泉のホテルで施設が壊れ。
茨城では鬼怒川の氾濫によって常総市内が冠水状態。

今日は福島に前線が流れてきて、雨量は最大で300ミリを超え、会津を中心に50年に1度の記録的な大雨を記録しているとの事。
前線は縦長なので、今度は東北に被害が広がってきそうです。

8月下旬から雨の日が多く、先週の土曜日(5日)を最後に暫く太陽を見ていません。
明日には天気も回復に向かうようですが、氾濫した河川の水位が下がるのには時間がかかるでしょう。
土砂崩れで行方不明になっている人の一刻も早い救出と、各地で避難している人達の早い帰宅を祈っております。

(追記)
午後になって茨城県を流れる鬼怒川で堤防が決壊し、濁流によって住宅が流されるなど大規模な被害が発生しました。
ニュースで鬼怒川に面している茨城県常総市の映像が生中継で流れていましたが、住宅が鬼怒川から流れてきた濁流に飲み込まれ、住民も2階や屋根に上って救助を求めている姿を見て、言葉を失ったしまいました。

4年前の東日本大震災が嫌でも思い出してしまう映像で、必死に孤立した人達を救助に向かう自衛隊の人達にも頭が下がる思いです。
屋根に上って避難していた夫婦と犬が無事が救助されたシーンにはホッとしました。

しかし、常総市内では9人が行方不明になっているとの事。
何とか無事に生きていてほしいです。

この記事へのトラックバック

  • 関東・東北豪雨災害 宮城・大崎でも堤防決壊 鬼怒川不明25人に

    Excerpt: 台風18号の影響による記録的な豪雨で、宮城県大崎市内を流れる Weblog: ネット社会、その光と影を追うー racked: 2015-09-11 13:52
  • 宮城・栃木・茨城で大水害。

    Excerpt: ◆茨城・常総市 25人と連絡取れず 救助活動続く◆豪雨で鬼怒川の堤防が決壊し、大規模な水害に見舞われた茨城県常総市では11日、警察や自衛隊が救助活動を続けた。市は午前9時45分現在、25人と連絡が取れ.. Weblog: <徳島早苗の間> racked: 2015-09-11 14:36
  • 関東の豪雨 栃木・茨城を襲う !!

    Excerpt: 【茨城、栃木大雨】死者・行方不明13人、負傷者27人に 消防庁発表 昨日9日は栃木県に大雨特別警報が出ましたが横浜弘明寺界隈はくもり空で雨が時折降る程度。 昼食時にはTVのニュースショーで栃木県の鬼.. Weblog: 王様の耳はロバの耳 racked: 2015-09-14 08:22