映画「天空の蜂」

映画「天空の蜂」を鑑賞しました。

この映画は、人気作家・東野圭吾が原子力発電所を題材に1995年に発表した傑作小説を、堤幸彦監督が映画化した社会派サスペンス。
最新鋭の大型ヘリを手に入れたテロリストが、日本全国の原発の停止を求め稼働中の原発上空でホバリングさせるテロ事件を描く。
困難な直面に立ち向かうヘリコプター設計士を江口洋介、原子力機器の設計士を本木雅弘が演じ、初めての共演を果たす。東日本大震災による原発事故を経験した日本において、改めて社会と人間の在り方を問う衝撃作。

1995年夏、愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新の設備を搭載したヘリコプターが、正体不明の人物によって奪われてしまう。やがて遠隔操作されたヘリは稼働中の高速増殖炉の上空でホバリングを開始し、テロリストが日本全国の原発停止を求める犯行声明を出す。

20年前に書かれた小説を映画化。
実写化は不可能と言われていた作品が映画化されるとあって注目されていた作品。
20年前は無理でも、今ならCGやVFXを使えますからね。

ヘリ設計士である湯原(江口洋介)が妻子を連れて愛知県の工場へ来た際に、息子の高彦がビッグBに乗り込んでしまい、そのまま福井県の原発に向かってしまう。
そのビックBの燃料がなくなり、墜落するまで8時間。
この時間との闘いが緊張感を高め、数々の見せ場を演出させてくれました。
8時間の間で、いろいろな事が起きるのだなぁと。

原作は未読なのですが、600ページ超と言われる長編小説を、約2時間30分では描き切れない点もあったかと思います。
でも、終始緊張感を持続させるようなストーリー構成は見事でした。
テロの標的にされた原発「新陽」が爆発すれば広範囲で多大な被害が出るという設定。
その様子は映像では示されなかったけど、日本人なら誰も福島第一原発の事故を知っている。
我々の中に残っている記憶によって、決して空想ではない事を自覚し、一層ハラハラさせる展開を見せていました。

アクションシーンも多かったけど、戦闘シーンも多かったですね。
そして、ツッコミどころも多かった。
高彦がビッグBに搭乗してしまった原因は、格納庫の中に入ってしまったからなのだが、何で、あの扉に鍵がかかっていなかったのだろうか?
そして、雑賀(綾野剛)によって、ビッグBをリモート操作で乗っ取られた時に、湯原達はもっと強度なリモート操作によって元の場所に引き戻す事が出来なかったのだろうか?
三島(本木雅弘)の依頼で名前を書きかえた赤嶺(仲間由紀恵)にしても、他人の名前を帳簿に記載するのだから、普通に頭を使えば、いつもの字で書くような事はしない筈。
他にも、まだまだツッコミどころがあったけど、これ以上やると単なる粗探しになってしまうので、ここまでにしておきます(笑)

堤監督らしい豪華キャストで固められた映画でしたが、中でも個人的に目を引いたのが雑賀役の綾野剛。
冷酷無比で感情も表に出さない、復讐に燃える冷酷なテロリスト役は鬼気迫るものがありました。
でも、最期が呆気なかったな・・・。

最後に東日本大震災直後のシーンが流れていたが、成長した高彦(向井理)が登場する演出は良かったと思います。
まさか東野圭吾氏も本物の原発事故が発生するなんて、この小説を書いた時には思ってもいなかったでしょうね。
原作は未読なので、機会があったら読んでみようと思います。


天空の蜂 (講談社文庫)
講談社
東野 圭吾
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 天空の蜂 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • 天空の蜂

    Excerpt: 元々は、20年前の1995年に東野圭吾が発表した同名の小説『天空の蜂』。その時でも、中々衝撃的内容ではありましたが、2011.3.11の東日本大震災を経て、原発事故のリアルさがより増した今、待望の映画.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2015-09-22 18:56
  • 天空の蜂~なぜ撃墜しない?

    Excerpt: 公式サイト。東野圭吾原作、堤幸彦監督。江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明、石橋蓮司、佐藤二朗、向井理、光石研、竹中直人、やべきょうすけ、手塚とおる ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-09-22 19:28
  • 劇場鑑賞「天空の蜂」

    Excerpt: この国に、守る価値はあるのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201509150000/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2015-09-22 19:53
  • 天空の蜂

    Excerpt: 評価:★★★【3点】(11) 原作を読破した同僚の強い勧めで映画を観ることに。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2015-09-22 19:56
  • 天空の蜂

    Excerpt: 今朝は、曇り空でしたが・・・・ Weblog: Break Time racked: 2015-09-22 20:39
  • 『モニター試写会/天空の蜂』 2015年5月19日 スペースFS汐留

    Excerpt: 『モニター試写会/天空の蜂』 で鑑賞しました。 公開までコメントは書けませんので、後日書きたいと思います。 試写会も開催されてきましたので、忘れる前にコメントを記載していきます。 【ストーリー】.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2015-09-22 20:40
  • 天空の蜂/江口洋介、本木雅弘

    Excerpt: 東野圭吾さんが1995年に発表しロングセラーとなっている同名小説を堤幸彦監督が映画化したサスペンス・アクション・ムービーです。タイトルは何となく見聞きした覚えがあるような気 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2015-09-22 20:46
  • 「天空の蜂」:もっと重厚さが欲しかった

    Excerpt: 映画『天空の蜂』は、今年やけに「攻めて」いる松竹を代表するチャレンジングな1本と Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2015-09-22 21:10
  • 天空の蜂

    Excerpt: 天空の蜂@松竹試写室 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2015-09-22 21:14
  • 『天空の蜂』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、なかなかじゃんふじき★★★

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★堤の癖に】 原発の上にホバリングで止まる無人の巨大ヘリコプター。 燃料切れまで8時間、遠隔操縦する犯人と開発者との戦い。 なかなかスリリングな設定 ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2015-09-22 21:36
  • 映画『天空の蜂』★思うところ多々あり手に汗握る“蜂の一刺し”

    Excerpt: 作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/165469/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 .. Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** racked: 2015-09-22 22:59
  • 天空の蜂

    Excerpt: 2015/09/12公開 日本 139分監督:堤幸彦出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明、光石研、佐藤二朗 絶対、守り抜く―― Story:1995年夏、愛知県の錦重工.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2015-09-22 23:08
  • 【試写会】「天空の蜂」@松竹試写室

    Excerpt:  映画.comさん主催「ハリウッド大作ファン限定独占試写会」に参加した。客席は満席。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2015-09-23 11:15
  • 「天空の蜂」原発に爆弾を突きつけられた先にみた原発を守る難しさと1つの問題だけでは解決はないという現実

    Excerpt: 「天空の蜂」は1995年を舞台に当時の最新自衛隊ヘリがテロリストに奪われて原発の上空で大量の爆薬を積んだ自衛隊ヘリが子供を人質に全原発の停止及び破棄を突き付けてくるが ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2015-09-23 12:30
  • 「天空の蜂」

    Excerpt: 2015年・日本 配給:松竹 監督:堤 幸彦原作:東野圭吾脚本:楠野一郎 ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した、原発テロを題材とした同名小説の映画化。監督は「20世紀少年」「イニシエーショ.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2015-09-24 06:32
  • 『天空の蜂』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「天空の蜂」□監督 堤 幸彦□脚本 楠野一郎□原作 東野圭吾□キャスト 江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野 剛、柄本 明■鑑賞日 9月13日(日)■劇場  TOHO.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-09-24 07:40
  • 天空の蜂 完成披露プレミア試写会

    Excerpt: 20年前の原作が現実問題に 公式サイト http://tenkunohachi.jp9月12日公開 原作: 天空の蜂 (東野圭吾著/講談社文庫)監督: 堤幸彦 1995年8月8日。愛知県の錦重工業小牧.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2015-09-24 08:38
  • 天空の蜂

    Excerpt: 原作は東野圭吾の同名小説。 なんと20年前に書かれた小説です。 半年前に読みました。 監督は堤幸彦。 キャストは江口洋介・本木雅弘・ 仲間由紀恵・綾野剛・柄本明・國村隼など。 最新設備搭.. Weblog: 花ごよみ racked: 2015-09-26 23:10
  • 『天空の蜂』 刺せば解決するのか

    Excerpt:  素晴らしい!  あまりの面白さに度肝を抜かれた。原発、軍需産業、自衛隊の災害派遣等、タイムリーな題材の濃縮に驚かされる。  『天空の蜂』が公開されたのは2015年9月12日。前々日に栃木・茨城・.. Weblog: 映画のブログ racked: 2015-09-27 14:23
  • 『天空の蜂』

    Excerpt: 人命よりも電気が重い。それが現在にも続く日本の在り方なのか。 これが1995年に出版された原作だとは思えないほど、的確に現代日本の問題点を描いているではありませんか。さすが ... Weblog: こねたみっくす racked: 2015-09-28 23:28
  • 天空の蜂

    Excerpt:  『天空の蜂』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)東野圭吾氏の原作の映画化ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、1995年8月8日午前7時21分。  錦重工業小牧工場で開か.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2015-10-02 06:34
  • 予言~『天空の蜂』

    Excerpt:  1995年8月。開発されたばかりの最新鋭巨大ヘリコプター 「ビッグB」 が 何者かによって遠隔操作され、敦賀にある原発 「新陽」 上空でホバリングを 始める。機内には、ヘリの開発者・湯原(江.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2015-10-27 08:02
  • 天空の蜂

    Excerpt: 意外に見応えあって面白かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2015-11-04 23:24
  • 天空の蜂(ネタバレあり!)

    Excerpt: [天空の蜂] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2015年31本目(30作品)です。 【あらすじ】 1995年8月8日。愛知県の錦重工業小牧工.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2015-11-06 03:16
  • 天空の蜂

    Excerpt: 1995年8月8日。 最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”が遠隔操縦によって突然動き出し、子供を一人乗せたまま福井県にある原子力発電所“新陽”の真上に静止した。 犯人は“天空の蜂”と名乗り、「全国すべての原.. Weblog: 象のロケット racked: 2015-11-08 18:39
  • 天空の蜂

    Excerpt: 【概略】 最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”を遠隔操作したテロが発生。犯人の要求は“日本全土の原発の破棄”。ヘリ設計士と原発設計士が、日本消失の危機を止めるべく奔走する。 アクションサスペンス .. Weblog: いやいやえん racked: 2016-02-07 09:13
  • 「天空の蜂」 理性と知恵と熱意への信頼

    Excerpt: 東野圭吾さん原作のテクノロジー・サスペンスです。想像以上に面白い作品でした。サス Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2016-07-11 21:47
  • 天空の蜂 (2015)

    Excerpt: 原作は、ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説だったのですね。堤幸彦監督が映像化。豪華キャスティングです。なるほど。だから、時代設定が、1900年代で、ラストをあのようにしたのですね.. Weblog: のほほん便り racked: 2016-08-24 09:22