アウェー・山形戦はスコアレスドローで無敗記録継続

Jリーグ2ndステージ第2節。
浦和レッズは、アウェー・NDソフトスタジアム山形にてモンテディオ山形との対戦。

前節の2ndステージ開幕戦を勝って順調なスタートを切った浦和レッズ。
今回の相手は、またも昇格組のモンテディオ山形。
アウェーの連戦はきついけど、無敗記録を継続する為にも負けられない試合。

試合は0-0のスコアレスドロー。
レッズは相手のカウンターから何度かピンチを招きながらも、相手の決定力のなさにも助けられ失点は防ぎつつも、攻撃面でも相手ゴールを割る事が出来ず、結局ドロー。
連続無敗記録を19に伸ばし、アウェーで勝ち点1という最低限の結果は残しました。

前節から中3日。
しかもアウェーゲームの連戦に暑さも加わって、簡単にはいかないだろうなと思っていました。
この試合の情報はスポーツニュースでのVTRを確認する程度でしたが、決められてもおかしくないようなシーンが何度かありましたね。
相手は長い間勝てていないようですが、そういうチームが相手だった事もレッズにとっては幸運だったと思います。

しかし、2ndステージが開幕してから2試合連続アウェーで、しかも2試合目が平日開催ってどういう事?
今月は平日開催がもう1試合あるし、2ステージ制の弊害なのは明らかですね。
結局、2ステージ制になって良い方向に向かっているのか協会の人間に詰問してみたいですよ。

次節は、4日後に埼玉スタジアムにてサンフレッチェ広島との対戦。
相手は2ndステージ2連勝で、年間勝ち点でもレッズに次いで2位。
那須選手が出場停止なのは痛いけど、代わりの選手あるいは代わりのフォーメーションはどうするのかは監督の腕の見せ所。
大宮の持つ連続無敗記録まで、あと2つで、今季ホームゲームは全試合勝利なので何としても勝ちたい試合になりますよ。
最後に平日にも関わらず山形まで駆けつけたサポの皆様お疲れ様でした。



この記事へのトラックバック